環境生態学科

top

自然環境を総合的に理解するための幅広い基礎知識を学びます。これらの知識を基にして、環境問題を解決するための応用力を身につけた環境科学のエキスパートを育てます。化学分析や生物種の同定、あるいは地形の読み取りなど、自然環境を知るためのさまざまな測定・分析技術を学ぶことができます。豊富な野外実習・実験が用意されており、さまざまな環境調査・分析方法を習得することができます。

人材の養成に関する目的 アドミッションポリシー カリキュラムポリシー ディプロマポリシー

学科Webサイトはこちら

学びのポイント

環境問題を解析し、それを解決するための能力を養うためには、幅広い知識と実践的な応用力が必要です。本学科では、自然科学のさまざまな分野の教員が少人数制の授業を展開しており、自然現象を理解するための基礎知識から、森林破壊や地球温暖化、生物多様性の危機、水質の変化や土壌・大気の汚染といった実際の現場の状態を把握するための実践的な手法まで、幅広く学ぶことができます。学生は野外での調査方法や測定技術、データ解析など、環境調査への即戦力としての実力を4年間でしっかりと身につけます。

  • ポイント1

  • 豊富な野外実習による実践的教育の充実

    野外調査を行うためのさまざまなノウハウを、豊富な野外実習・実験を通して学び取ることができます。

  • ポイント2

  • 分析技術の習得

    化学分析や生物種の同定、地形の読み取りなど、自然環境を知るために欠かせない測定・分析技術を学びます。

  • ポイント3

  • 自然科学の多様な分野に関する知識を習得

    物理学・化学・生物学・地学といったそれぞれの分野に偏ることなく総合的に自然科学を学ぶことができます。

学びのステップ

1年次~2年次前期 環境科学の基礎を学ぶ

理系科目全般やそれぞれの基礎実験を通して、発展的な専門科目を学ぶための基礎を固めます。

専門科目の例 環境化学I、環境物理学I、環境生物学I、地球科学I、琵琶湖環境学、環境変遷学、海洋環境学、森林環境学、環境生態学基礎演習 など

2年次後期~3年次前期 環境科学の実践的方法論を修得する

陸域や水域などの生態系や環境保全などに関するさまざまな専門科目を学びます。また、陸域環境、集水域環境、水域環境といった専門分野ごとの実験にてフィールドでの調査手法や分析方法を実践します。

専門科目の例 理論生態学、湖沼環境学、地球環境化学、環境微生物学、陸域環境学・同実験、水域環境学・同実験、集水域環境学・同実験、環境解析学・同実験 など

3年次後期~4年次 卒業研究で4年間の集大成

3年次後期から14研究室のいずれかに所属し専門性を高め、4年次ではこれまでに育んだ問題意識に立って、卒業研究を行います。

専門科目の例 水域生態系保全修復論、環境生態学特別実習、環境毒性学、陸域物質循環論、環境リスク解析法、科学作文 など

専門科目の例

環境学野外実習

1

夏季休業期間を利用し、自然環境や生態系研究における典型的な場所に直接赴き、合宿生活を送りながらそれぞれのコースのテーマに関する野外実習を行います。

地球科学実験

2

歩測や地理情報の取得、水質調査、河川流量の測定など、地球環境の実態を把握する測定・解析法を習得し、岩石・化石の観察を通じて地球環境変遷史を復元する基礎的能力を習得します。

研究分野

陸域環境

陸上の生態系におけるさまざまな動植物や、里山など自然と人との関わりに関する研究

陸上には原生林、里山、水田や畑、湿地、水陸移行帯などさまざまな生態系が広がっています。本研究分野では、これらの生態系において、哺乳類、鳥、昆虫、樹木、草本、微生物などを研究対象とし、鳥獣害、希少種の保全、外来種、土壌からの温室効果ガスの放出、ナラ枯れ、生態系の劣化などの問題解決を目指して研究を行っています。
また、焼畑による里山保全のように、人と自然の関わりの中で長い間維持されてきた身近な自然環境を、将来にわたって安定的に保全するための研究も行っています。

野間 直彦 准教授(動植物相互作用研究室)
吉山 浩平 准教授(理論生態学研究室)
籠谷 泰行 講師 (森林生態学研究室)
荒木 希和子 講師(植物分子生態学研究室)
水域環境

水圏生態系における生物の動態および物質循環に関する研究

本研究分野では、湖沼、河川および海洋などの水圏生態系における微生物や魚類、底生生物などの動態を調べるとともに、それらが人為的富栄養化や地球温暖化などの環境変動に対して、どのように応答しているのか明らかにすることを研究目標の一つにしています。
他方では、炭素・窒素・リンなど主要生元素、鉄やヒ素などの微量必須元素、あるいはさまざまな天然有機化合物の水圏における分布構造および相互関係について、生物地球化学的観点から研究しています。
湖沼、河川、海洋における調査・観測から得られた実際のデータだけでなく、室内実験による検証結果も考慮し、総合的に解析することによって、水圏生態系のダイナミズムを地域的視点と地球的視点の双方から解明することを目指しています。

伴 修平 教授     (水圏生態学研究室)
丸尾 雅啓 教授    (水圏化学研究室)
浦部 美佐子 教授   (陸水生物学研究室)
後藤 直成 教授     (水圏物質循環研究室)
細井 (田辺) 祥子 准教授(環境微生物学研究室)

集水域環境

自然環境の成立過程や環境中における化学物質の動態・影響評価に関する研究

本研究分野では、大気環境・陸域環境・水域環境において種々の観測を行うことで、琵琶湖等の自然環境の成立過程、湖沼の人為的な富栄養化が自然や人の健康に与える影響等を明らかにすることを目標に研究を行っています。
具体的には硝酸などの大気汚染物質の測定、森林・農地における窒素やリンなどの動態や微生物活性の調査、琵琶湖やその他湖沼・河川・地下水における水位・水温・水質の測定、それらと地形・地質構造・地殻変動との相互関係の分析を行っています。
人工化学物質および天然物質がもつ毒性作用とその影響についても調べています。また、自然環境の成立過程や環境汚染の歴史を解明するため、堆積物中の微粒子・微化石なども解析しています。

小泉 尚嗣 教授 (地震地下水研究室)
堂満 華子 准教授(環境変遷学研究室)
尾坂 兼一 准教授(集水域物質循環研究室)
肥田 嘉文 講師 (環境・健康影響評価研究室)
工藤 慎治 講師 (循環大気化学研究室)

TEACHER'S VOICE

環境生態.jpg

環境生態学科では、琵琶湖の環境成立過程、外来種問題、地球温暖化が生態系に及ぼす影響等、様々な環境に関する課題を解決するための基礎・応用研究を行っています。学生は4年間の学習を通して、これらの課題解決のための基礎学力と応用力を身につけることができます。

環境科学部 環境生態学科長
丸尾 雅啓 教授

CAMPUS LIFE

STUDENT'S VOICE

環境科学部 環境生態学科
4回生
石田 一成さん
(大阪府立生野高等学校 出身)

一日のスケジュール(例:3年次前期)

8時30分 通学
9時00分 【1限】 理論生態学
10時40分 【2限】 海洋環境学
12時10分 昼休み
13時10分 【3限】 陸域環境学・同実験
14時50分 【4限】 〃
16時30分 【5限】
18時00分 課外活動(クラブ・サークル活動等)

資格・キャリア

取得可能な資格一覧

  • 教員免許〈中学校教諭(理科)/高等学校教諭(理科)〉
  • 学芸員資格
  • 自然再生士補資格
  • 甲種危険物取扱者試験受験資格
  • 社会福祉主事任用資格

※すべての資格は、大学が定める所定の科目を履修し、単位を修得する必要があります。

主な進路(2019~2021年度)

就職先

(株)村田製作所、栗田エンジニアリング(株)、サントリーホールディングス(株)、東海旅客鉄道(株)、山崎製パン(株)、滋賀県(環境行政)、大阪国税局 など

進学先 滋賀県立大学大学院、大阪公立大学大学院、千葉大学大学院 など