国際交流・留学情報

留学のすすめ

国際交流・留学情報 社会のグローバル化にともなって人・物・情報の移動は国境を越えて広がり、いわゆるボーダーレス時代に入っています。その中にあって、各国間の文化の違いを理解し、尊重して、調和的な国際関係を築くことはますます重要な課題になってきました。個人のレベルでいえば、十分なコミュニケーション能力(聞き、理解し、伝える能力)を身につけ、多くの国の人々との交流を通して、自文化を相対的に見ることができる国際人になる必要があります。このような国際人こそが、節度ある国際競争や対立解消の交渉をリードし、多文化世界の未来を切り開くことができます。
皆さんの周りには留学生もいて、一緒に学ぶなかで文化の違いに気づかされたこともあるでしょう。しかし自分の国際性を磨くには、実際に海外に出かけ、そこで生活し、あるいは学んで、文化の違いを肌で実感することがもっとも効果的です。そのために留学を勧めます。
本学は、アジアの国々、アメリカ、およびヨーロッパの大学と交流協定を結び、留学が容易にできるような体制作りを進めています。これを利用して、毎年何名かの学生が海外へ出かけています。これとは別に、アメリカと中国で3週間の短期研修に参加することも可能で、参加者には「異文化理解」科目として単位を認定しています。

留学体験は、誰一人同じ経験をすることがありません。少し大げさに言うならば、誰もが、自身のオリジナルな異文化体験の物語をつくることができるわけです。また、留学を通して獲得した知識やコミュニケーション能力、異文化の経験は、長い皆さんの人生の中で、いろんな形で生かされることでしょう。留学はあなたにとって、一生の宝物となること間違いなしでしょう。

PDF形式で掲載しておりますので、ご注意ください。 (最新版のAdobe Readerはこちら