本文へ

人間文化学部

 

人間文化学部の人材養成目的と3つの方針

○ 人材の養成に関する目的 ○ アドミッションポリシー ○ ディプロマポリシー

「地域」と「生活」という観点からあらためて人間文化を考える

人間文化学部  わたしたちの暮らしは身近な地域と密接に関係する一方で、さまざまな 国とつながっています。人間文化学部では、日々変化していくわたしたちの生活を観察し、研究することによって、地域と国際社会のあり方をとらえなおしていきます。学部は、わたしたちの生活を立体的に学ぶ5つの学科で構成されています。さまざまなフィールドワークを通じて地域のあり方を考える「地域文化学科」、人とモノとの関係に注目してそれを形にする方法を考える「生活デザイン学科」、われわれの健康を日々支える「食と栄養」を多角的に捉える「生活栄養学科」、人間が発達しながらどのように社会を構成していくかを考える「人間関係学科」、そして豊かな語学力を基礎として国際的視野を持つことを学ぶ「国際コミュニケーション学科」。これら5つの学科は、共通科目や教員の共同研究によって結びつく一方で、少人数教育を実現すべく、それぞれが独自のきめ細かいカリキュラムを用意しています。

人間文化学部図

学びのポイント

  • point1
  • 少人数教育で学生・教員の緊密な対話。

    教員ひとりに学生数人。ゼミナールなどによるきめこまかな指導でコミュニケーション力も育ちます。

  • point2
  • フィールド(現場)重視の実践学習。

    授業で学んだ知識や技術を、「現場」での調査や実験・実習などを通して確かなものとします。

  • point3
  • 多角的視点と多彩な手法で豊かな教養。

    多様な学問分野からの多面的、横断的アプローチにより、的確で鋭い把握力、分析力を身につけます。

トピックス

TOPICS1 地域文化学科

地域文化学科

TV(TBS『THE世界遺産』)でも紹介されました。

世界遺産であるシリア・パルミラ遺跡にあるローマ時代の墓の復元CG。
〈濱崎+石川研究室の共同作製〉

 

TOPICS2 生活デザイン学科

生活デザイン学科
協働プロジェクト

アパレルメーカーWORLDの店舗ショーウィンドウにおいてバロックをデザインテーマに琵琶湖の葦を用いてディスプレイしました。

TOPICS3 生活栄養学科

生活栄養学科
おめでとうございます!!

柴田教授(日本栄養・食糧学会学会賞)、南准教授(日本ウォーキング学術賞)、福渡准教授(日本アミノ酸学会科学・技術賞)が賞を受賞しました。

 

TOPICS4 人間関係学科

人間関係学科
形成論演習

人の発達とコミュニケーションを促す、そして、誰にでも関わりのある「教育」という営みを見つめ直していきます。

TOPICS5 国際コミュニケーション学科

国際コミュニケーション学科

ミシガン州立大学連合日本センター(JCMU)の学生がインターンシップの一環として本学科の学生に英語を教えてくれました。

 
地域文化学科京樂ゼミ写真

地域文化学科 京樂ゼミ

地域文化学科塚本ゼミ写真

地域文化学科 塚本ゼミ

生活デザイン学科生活造形基礎演習写真

生活デザイン学科 生活造形基礎演習

 
生活デザイン学科卒業制作 京都展写真

生活デザイン学科 卒業制作 京都展

生活栄養学科 食品加工実習(工場見学)写真

生活栄養学科 食品加工実習(工場見学)

生活栄養学科食品機能科学実験写真

生活栄養学科 食品機能科学実験

 
人間関係学科ニホンザルの観察実習写真

人間関係学科 ニホンザルの観察実習

国際コミュニケーション学科ドイツ語写真

国際コミュニケーション学科 ドイツ語

国際コミュニケーション学科実習室写真

国際コミュニケーション学科 自習

 
 

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP