本文へ
HOME大学案内/理念と目的

理念と目的

基本理念(滋賀県立大学基本構想から抜粋)

 本学は、学術の中心として、未来を志向した高度な学芸と、悠久の歴史や豊かな自然、風土に培われた文化を深く教授研究するとともに、未知の時代を切り拓く広い視野と豊かな創造力、先進的な知識、技術を有する有為の人材を養成することを目的とする。
 また、開かれた大学として、県民の知的欲求に応える生涯学習の機会の提供や地域環境の保全、学術文化の振興、産業の発展など、滋賀県の持続的発展の原動力として大きく寄与することを使命とする。
 このため、本学は次の視点を基本とした教育研究を行う。

(1) 高度化、総合化をめざす教育研究

 科学技術の進歩、国際化や高齢化などの進展に伴い、新しい社会経済システムの構築が求められている。また、社会のあらゆる分野でのボーダーレス化が進行し、これまでの専門に細分化した知識や技術では解決し得ない新たな課題が発生している。これらに対して、学際的な学術研究の推進と、さまざまな領域にわたる複雑な問題に対して自ら考え判断することのできる創造性豊かな人材の養成が求められている。
 このため、技術の先端化や学術研究の進展に対応した高度で先進的な教育研究を行うとともに、関連する学術研究分野間の有機的連携をはかり、自然科学と人文社会科学を包括した総合的、学際的な教育研究を行う。
 特に、人や技術と自然との関わりについての深い理解力を養うことを重視し、専門性と人間性の統一的な追求をめざす。

(2) 柔軟で多様性に富む教育研究

 高等教育機能の多様化が進む今日、個性や特色ある独創的・先駆的な教育研究が求められている。
 このため、社会の変化に対応しうる柔軟な教育課程と教育研究組織を編成するとともに、基礎学力に加えて応用能力や豊かな人間性を身につけた人材の養成をめざし、学生と教員の人間的な触れ合いを重視した教育を行う。
 また、他の大学や研究所、試験研究機関等との連携を深め、学術研究の交流や共同研究などを多面的に推進する。

(3) 地域社会への貢献

 現在の大学には、真理探求の本来的使命にとどまらず、開かれた大学として地域社会への貢献が求められている。すなわち、大学は、研究成果や学術情報の公開、地域が抱える課題の学問的解明、社会人に対する学習機会の提供など、地域文化の創造や産業の振興にも寄与するものでなければならない。
 したがって、地域の新しい生活文化の創造や産業界の要請に即した実践的な教育研究を行うとともに、施設設備の開放、産学協同の研究推進のほか、公開講座等の開設、リカレント教育などの学習機会の拡充に積極的に取り組む。

(4) 国際社会への貢献

 国際化の波は、産業経済から学術文化、日常生活に至る広汎な領域に及んでいる。そして、大学には、国際社会の一員としての自覚のもとに幅広い国際感覚を身につけた人材の養成と、独創的な学術研究を通して世界の平和と進歩に貢献することが期待されている。
 このため、本学の教育研究においては、視野を世界におき、研究成果の情報発信や外国の大学等との学術交流を積極的に進める。
 また、外国人留学生の受け入れ、留学制度の充実など日常的な国際交流を重視し、国際的視野や感覚を培うことのできる教育研究を行う。

大学の基本的な目標(中期目標から抜粋)

 本学は、滋賀県における学術の中心として、未来を志向した高度な学芸と、悠久の歴史や豊かな自然、風土に培われた文化を深く教授研究するとともに、新しい時代を切り拓く広い視野と豊かな創造力、先進的な知識、技術を有する有為の人材を養成することを目的としている。
 また、開かれた大学として、県民の知的欲求に応える生涯学習の機会の提供や地域環境の保全、学術文化の振興、産業の発展、人間の健康など、滋賀県の持続的発展の原動力として大きく寄与することを使命としている。
 この大学設置の基本理念を踏まえ、次の基本的な目標を定める。

「キャンパスは琵琶湖。テキストは人間。」という開学当初からのモットーをより一層発展させ、琵琶湖を抱く滋賀ならではの教育研究をさらに進める。

時代の流れを先取りし、先駆的・戦略的なものの見方ができる、進取の気性に富む人が育つ大学づくりを進める。

グローバル化の進展等による国際化の諸問題に対応する新しい時代に向けたモデルとなる大学を目指す。

学部の教育研究上の目的

 滋賀県における学術の中心として、未来を志向した高度な学芸を教授研究し、新しい時代を切り開く広い視野、豊かな創造力ならびに先進的な知識および技術を有する有為の人材を養成するとともに、開かれた大学として、学術文化の振興、環境の保全、産業の進展および人間の健康に寄与することを目的としています。

人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的

環境科学部

環境科学部は、琵琶湖とその周辺地域を主なフィールドとした実践的な環境教育を重視する。これを通して自然環境の総合的理解と問題解決、環境と調和した社会システムの構築、建築を取り巻く環境と地域の課題解決ならびに循環型社会を支える生物資源の適切な制御と管理のための理論と応用力を身につけた、創造性豊かな人材の養成を目的とする。

工学部

工学部は、工学におけるそれぞれの分野において、人と自然環境に調和した新しい科学技術の創造と豊かな社会の構築を目指すために、幅広い基礎学力と高度な専門知識を兼ね備え、我が国および地域の文化と産業の発展に寄与し得る技術者、国際的な視野を持って世界的に活躍できる技術者ならびに社会の多様な方面で高度かつ専門的な知識を必要とする業務等に従事する人材の養成を目的とする。

人間文化学部

人間文化学部は、地域的視点と国際的視点との双方を往復しながら、わたしたちの生活をどのように見直し、どのように持続していくかを考えるための教育を行う。文化の多様性をとらえ、そこに参加していく方法を身につけることによって、それぞれの文化の衣食住環境や人間関係に沿った新たな関係を創造していくことのできる人材の養成を目的とする

人間看護学部

人間看護学部は、人間の生命に対する畏敬の念をもち、その尊厳と権利を尊重する豊かな人間性を備えた看護職としての資質を培い、生活様式の多様化、医療の高度化等に伴って求められる看護の専門職としての知識・技術を習得し、看護における理論と実践を行うことができる看護職者ならびに地域の特性を理解した上で生活実態に即した看護を創造することができる人材の養成を目的とする。

学科の目的

◆環境科学部

環境生態学科

自然生態系の役割および自然に対する人間活動の影響を理解するために、様々な自然環境の変化を分析し、自然生態系を保護・修復・管理することのできる人材、さらに自然環境の人為的改変が人間生活に与える影響を予測・評価することのできる人材を養成する。

環境政策・計画学科

社会活動や経済活動と環境問題との関連を学際的な見地から教育研究し、問題解決のための環境政策・環境計画を立案する能力とそれらを実行する技法とを身につけさせ、もって持続可能な社会・経済システムを総合的にコーディネイトできる人材を養成する。

環境建築デザイン学科

環境と調和し持続的発展可能な社会を建設するために、都市、地域、景観、防災、資源、エネルギーなど広い視野から横断的に建築デザインを学び、環境や地域が抱えるさまざまな課題を理解、分析し、解決へ向けて提案、実践できるデザイン能力をもった人材を養成する。

生物資源管理学科

生物資源と環境に関わる幅広い視野と知識を持ち、農林水産業などの生物資源生産と生物資源循環、生物資源生産・循環に関わる土壌・水資源の保全と活用、生物機能を用いた物質生産や環境改善など、生物資源の管理と活用に関する基本的な知識と技術を有する人材を養成する。

 

◆工学部

 

材料科学科

新しい材料開発を通じ、自然環境との調和をはかり、科学技術の進歩に中心的役割を担う技術者、研究者の育成を目指す。そのため、金属、セラミックス、半導体などの無機材料から高分子、バイオなどの有機材料、環境調和と資源リサイクルのための材料などの基礎から応用までの教育研究を行う。

機械システム工学科

機械システムは、産業の根幹をなし、生活を支える様々な製品を造りだす技術の発展とシステムの開発に欠かせないものである。基礎学問を重視し、多くの演習や実験を取り入れた教育によって、実践的素養と工学的課題を解決できる能力を養い、 システム的な思考ができる技術者の養成を目指す。

電子システム工学科

電気・電子・情報工学分野で高度な技術と知識を持つ創造力豊な技術者・研究者となり得る人材の育成を目指す。近年のコンピュータ技術やITの急速な発展は、材料科学および機械システムと融合した技術として成し得ることであり、そのような総合的な知見をもった人材養成を目指す。

 

◆人間文化学部

 

地域文化学科

日本、特に近江の歴史・文化・社会、およびアジアとの交流に強い関心をもちながら自ら行動し、社会貢献の一環として学んだことを地域に還元し、科学的な目で地域を見つめてこれからの地域のありかたを探求する意欲を持ち、問題解決能力をもって独創的な発想ができる人材を養成する。

生活デザイン学科

身近な環境としての生活デザインについて深い関心と高度な知識を持ち、生活デザインの住居・道具・服飾の三分野の幾つかについて高度なデザイン技術を身につけ、問題解決能力を持って生活デザインの新しい領域を切り開いていくことができ、地域固有のデザインを評価してその発展に貢献できる人材を養成する。

生活栄養学科

科学的知識を基礎として、食を通しての健康増進のための実践力・指導力を持ち、豊かな人間性と高い倫理観で食を巡る啓発ができ、新しい分野にトライできる創造性と知的好奇心に満ち、国際社会にも対応できる十分な知識と教養のある人材を養成する。

人間関係学科

人間関係論関連諸分野の専門的基礎知識を持って身近な集団や地域社会に貢献でき、自然と共生できる思考力・実践力を身につけ、問題解決能力を持って独創的な発想ができ、異文化と協調し国際社会に貢献できる人材を養成する。

国際コミュニケーション学科

グローバル化する現代社会に適切に対応するため、自国や諸外国の社会・文化・歴史等に関する幅広い知識や教養、英語を中心とした複数の外国語の運用能力と国際的視野を身につけ、それらを活かして、国際社会および地域社会において活躍できる人材を養成する。

 

◆人間環看護学部

 

人間看護学科

人間看護学部は、人間の生命に対する畏敬の念をもち、その尊厳と権利を尊重する豊かな人間性を備えた看護職としての資質を培い、生活様式の多様化、医療の高度化等に伴って求められる看護の専門職としての知識・技術を習得し、看護における理論と実践を行うことができる看護職者ならびに地域の特性を理解した上で生活実態に即した看護を創造することができる人材の養成を目的とする。

 

大学院の教育研究上の目的

 

 滋賀県立大学大学院は、学術の理論および応用を教授研究し、その深奥を極めて、文化の進展に寄与することを目的としています。また、各研究科の人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的を次のとおり定めています。

人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的

環境科学研究科

人類の生存と持続的発展を可能にする自然環境の保全ならびに環境と調和した地域社会の構築を目指す学際的な研究を展開し教育を行うとともに、複数の専門分野の基本的理解を基礎に、環境科学分野の専門家として高度な専門的知識と技術を有する職業人、大学や法人等の研究機関および企業の開発部門における優れた研究者ならびに行政機関や社会の多様な方面で高度に専門的な知識を必要とする業務等に従事する人材の養成を目的とする。

工学研究科

ものづくりにおいて、人と自然環境に調和した新しい科学技術の創造と豊かな社会の構築を目指して、基礎教育を重視し、先進的な教育研究を行うとともに、工学におけるそれぞれの分野において、幅広い基礎学力と高度な専門知識を兼ね備え、幅広い応用能力をもって我が国産業の発展に寄与し得る技術者、世界の科学技術をリードできる独創性と学際的研究ができる研究者ならびに社会の多様な方面において高度で専門的な知識を必要とする業務等に従事する人材の養成を目的とする。

人間文化学研究科

高齢化とグローバリゼーションが急速に進行する21世紀の新しい時代において、豊かな地域社会と、人間的な生活文化および生活スタイルの創造に寄与する教育研究を行うとともに、前期課程においては、学部教育の到達点を継承しつつ、広い視野と豊かな人間性、積極的な行動力を身につける研究者および専門的職業人の養成を目的とする。後期課程においては、最先端の諸科学が切り開いた地平にたって、高度で専門的な知識と技能を有し、自立して共同の研究を推進しうる能力をもつ人材の養成を目的とする。

人間看護学研究科

少子高齢化、医療技術の進歩、価値観の多様化の中にあって、人命・人権の尊厳に立脚し、豊かな人間生活と地域社会を支える看護と看護学の創造に貢献する教育研究を行うとともに、大学の教育理念を基盤に、豊かな感性・人間性と高度な専門職業人としての倫理観を備え、高等化・専門化していく看護学に要求される知識や技術を的確に修得し、発展させながら、実践の科学としての看護学を探究する研究者および高い能力をもつ高度専門職者の養成を目的とする。

 

研究科の各専攻の目的

 

◆環境科学研究科

環境動態学専攻
(博士前期課程)

人間活動に対し、生態系の構造や機能がいかに応答するかを解明し、より良い自然環境ならびに生物生産環境の保全と管理のあり方を提案するために必要な高度の専門的知識と技術を有する人材を養成する。

環境動態学専攻
(博士後期課程)

学部および大学院博士前期課程の教育研究をふまえ、多様な環境問題に対応し得る、より専門性の高い知識と技術を有する高度技術者、大学・行政・産業界など多様な研究・教育機関の中核を担う研究者を養成する。

環境計画学専攻
(博士前期課程)

自然環境とのバランスのとれた持続的発展を可能にする地域社会の包括的デザインと、その実現のための方法論について教育研究を進め、高度な専門的知識と技術を有する研究者と職業人を養成する。
環境意匠研究部門では、人間の生活空間と自然環境との密接な関係を多面的に解明するとともに、身近な空間(住居・建築・都市)を豊かに形成していくための実践的手法を中心に教育研究を行う。
地域環境経営研究部門では、持続的な資源利用と地域経営、環境保全を可能にする地域社会のあり方を探るとともに、それを実現するための計画とその運用について教育研究を行う。

環境計画学専攻
(博士前期課程)

自然環境と調和した持続的発展を可能にする地域社会の包括的デザインと、その実現のための方法論について教育研究を進め、高度に専門的な業務に従事するに必要な研究能力を有する人材を養成する。
環境意匠研究部門では、地域の生態系に根ざした住居・建築・都市のあり方をグローバルな視野において解明し、それを空間化する手法を体系化する環境意匠学の構築をめざす。
地域環境経営研究部門では、地域の生態系に根ざした、持続的な社会の発展に資する環境政策学・環境計画学の構築をめざす。

 

◆工学研究科

 

材料科学専攻
(博士前期課程)

博士前期課程の本専攻においては、21世紀の高度化した工業技術の進展に貢献でき、地球環境に調和した先端材料の開発と研究を目指し、無機材料から有機材料までの各種材料に関する幅広い知識と開発能力を有し、さらに高度に複合化した材料にも対応できる人材を養成する。

機械システム工学専攻
(博士前期課程)

博士前期課程の本専攻においては、単に機械の構成要素の技術開発や組み合わせを論ずるのではなく、機械全体を一つのシステムとしてとらえ、機械工学と他の工学分野との融合を図りながら、その構築に際して、機能、効率のみならずそれらを使用する人間をも考慮できる総合力のある人材を養成する。

電子システム工学専攻
(博士前期課程)

博士前期課程の本専攻においては、電気・電子・情報システムの視点から、将来の最先端の科学技術に創造的な役割を果たすことができるように、幅広い基礎知識を含む高度な専門知識を習得するとともに、顕在化している多岐に渡る環境問題を解決し、持続可能な開発につながる機能的電子システムが創成できる有為の人材を育成する。

先端工学専攻
(博士後期課程)

博士後期課程の本専攻においては、主に材料科学系と機械システム工学系の教育研究に関わっている。本先端工学専攻では、環境問題の解決と21世紀の高度化した工業材料の進展に貢献する先端材料の開発や、機械全体を一つのシステムとしてとらえ、その機能、効率のみならず、リサイクル、人間、環境までをも統合化する高度な教育・研究を行い、指導的技術者、研究者を養成する。

 

◆人間文化学研究科

 

地域文化学専攻
(博士前期課程)

新しい時代に適合する地域社会はいかにあるべきかを考える教育研究を展開する。グローバリゼーションが進む一方で、逆に地方主義の必要が説かれている。こうした難しい状況のなかで地域社会はどうあるべきかを考えることが本専攻の目標である。
日本・地域文化研究部門では、近江を中心に捉えながら日本の文化や社会についての教育研究を行う。琵琶湖を擁し文化の通路としての普遍性と地域の独自性を兼ね備えている近江の解明を中心に据える。
アジア・地域文化論部門では、上記の近江と日本の特質をアジア的な規模で解明することを目的としている。中国、朝鮮(韓半島)、モンゴルなどの近隣諸地域を主たる比較の対象とする。
考現学・保存修景部門では、考現学的考察、地域展開論的手法を通じて地域の歴史的環境と文化・社会との関係を明らかにする。また、その保存と地域展開の方法を探る教育研究を行う。

地域文化学専攻
(博士後期課程)

新しい時代に適合する地域社会はいかにあるべきかを考える高度な教育研究を展開する。グローバリゼーションが進む一方で、逆に地方主義の必要が説かれている。こうした難しい状況のなかで地域社会のこれまでのあり方とこれからはどうあるべきかを考えることが本専攻の目標である。
日本・地域文化研究部門では、近江を中心に捉えながら日本の文化や社会についての教育研究を行う。琵琶湖を擁し文化の通路としての普遍性と地域の独自性を兼ね備えている近江の解明を中心に据える。
アジア・地域文化論部門では、上記の近江と日本の特質をアジア的な規模で解明することを目的としている。中国、朝鮮(韓半島)、モンゴルなどの近隣諸地域を主たる比較の対象とする。
考現学・保存修景部門では、考現学的考察、地域展開論的手法を通じて地域の歴史的環境と文化・社会との関係を明らかにする。また、その保存と地域展開の方法を探る教育研究を行う。

生活文化学専攻
(博士前期課程)

生活科学と人間科学の立場から、人間のライフスタイル全般を通した生活と社会の関わりを、生活デザイン、健康と栄養、人間関係の視点から根底的に見直し、真に充足した健康で快適な生活文化と生活環境を生み出すための教育研究を展開する。
生活デザイン部門では、住環境をはじめとして生活環境のなかでのデザインを扱い、健全なライフスタイルと生活環境をデザインすることを目的とし、実践的な教育研究を展開する。
健康栄養部門では、栄養に関する基礎から応用までの健康・栄養科学に運動生理領域を加え、幅広い有機的な研究を行う。栄養に関する生活の知恵や文化を科学的にとらえることなど実践的な諸問題に取り組み、健康生活の実現を目的とした教育研究を行う。
人間関係部門では、望ましい生活環境を創造することができる、新たな人間関係を創出することを目的に、人間の発達・形成、「社会化」のメカニズム、および現代社会における人間関係の特性を、心理学・教育学・社会学等の立場から教育研究する。

生活文化学専攻
(博士後期課程)


生活科学と人間科学の立場からライフスタイルと人間関係の問題を対象とする高度な教育研究を行う。すなわち、人間のライフスタイルの全体を通して、生活と社会の関わりを、生活デザイン、健康と栄養、人間関係の諸領域にわたって綿密に再検討し、真に充足された健康で快適な生活文化と生活環境を見いだすための教育研究を行う。
生活デザイン論研究部門では、住環境をはじめ生活環境全般にわたって、健全なライフスタイルと生活環境をデザインすることを目的とする教育研究を、学際的な立場から展開し、新しい生活デザインの構築に努める。
健康栄養論研究部門では、健康と栄養に関する基礎から応用までの栄養科学にかかわる諸問題に関して、幅広い視点から理論的・実証的な研究を行う。健康と栄養に関する生活上の知恵や慣習を科学的にとらえるなど、総合的視点から問題に取り組み、健康生活の実現を目指す教育研究を行う。
人間関係論研究部門では、社会的に望まれる生活環境の中での人間関係の構造的・機能的特性を解明するために、人間の発達と形成、言語やコミュニケーションのメカニズム、人間行動の機構、現代社会の人間関係や比較文化などに関し、教育学、心理学、社会学、コミュニケーション論などの立場から学際的に追求する教育研究を行う。

 

◆人間看護学研究科

 

人間看護学専攻
(修士課程)

少子高齢化、医療技術の進歩、価値観の多様化の中にあって、人命・人権の尊厳に立脚し、豊かな人間生活と地域社会を支える看護と看護学の創造に貢献する教育研究を行うとともに、大学の教育理念を基盤に、豊かな感性・人間性と高度な専門職業人としての倫理観を備え、高等化・専門化していく看護学に要求される知識や技術を的確に修得し、発展させながら、実践の科学としての看護学を探究する研究者および高い能力をもつ高度専門職者の養成を目的とする。

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP