本文へ
HOME大学案内/理事長からのメッセージ

理事長からのメッセージ

 

滋賀県立大学のホームページへようこそ!

 

廣川理事長

 滋賀県立大学は、環境科学部、工学部、人間文化学部、人間看護学部の4 学部13学科、また、大学院は4研究科9専攻からなり、人文科学、社会科学 から自然科学までを学ぶことができる総合大学です。

 本学は、滋賀県民の期待を担って、平成7年、国宝彦根城のある滋賀県彦 根市に開学しました。琵琶湖を取り巻く豊かな自然に抱かれ、歴史に根差し た人間性豊かな文化を育み、環境と調和し産業を育成してきた滋賀の地で学 び育った卒業生は、これまでに1万人を超え、滋賀県内はもとより、社会の さまざまなところで活躍しています。

 「キャンパスは琵琶湖。テキストは人間。」これが滋賀県立大学のモット ーです。

 

琵琶湖を擁する滋賀の地の利を生かし、次のような学びを展開しています。

 

① 一人ひとりの学生・院生の顔が見える学び

教員一人に学生が数人の少人数での学び

豊かな教養と人間性を育む人間学・地域基礎科目の学び

 

② お互いを高め合う学び

グループワークなど多彩な手法による多角的・多面的視点の学び

基礎の重視と1年次からの専門の学び

学生の自主活動「近江楽座」での地域の人々との学び

 

③ 多様な学び

フィールドワーク・実習・実験など、事実とデータに基づく実践的な学び

短期・長期の海外留学で国際感覚を磨く学び

副専攻(近江楽士、近江環人)での地域についての実践的な学び

 

 これらの多くの学びを通して、「国際通用性のある知と実践力をそなえた人が育つ大学」をめざしています。本学での学びを通して、国際化時代にふさわしい専門性や教養と感性を養うことは、卒業後の長い人生の礎となります。

 

 滋賀県立大学は、また、「地域貢献大学のリーディングモデル」をめざしています。地域基礎科目に加えて、学部に「近江楽士(地域学)」、大学院に「近江環人地域再生学座」の副専攻をそれぞれ設けています。また、学生の自主活動である「近江楽座」には、毎年500名近くの学生が参加し、地域の人々に学びながら地域課題を発見し、その解決に取り組んでいます。これらは、教室の中だけにとどまらず、社会とのつながりを学ぶ絶好の機会であり、地域に貢献できる社会人への成長につながっています。

 現在、本学では「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」(文部科学省事業)に取り組んでいます。これは、県内5大学、地方公共団体、企業等と協働して、地方創生の中心となる人材輩出を目指すプログラムです。また、平成30年度からは、世界および地域の持続可能な発展に貢献することを目指し、本学の基本的な考え方やこれまでの教育・研究・地域貢献活動とも深くつながっている、国連で採択された「SDGs(持続可能な開発目標)」に係る取り組みを推進しています。

 さらに、社会人教育にも力を入れ、公開講座・講義などを開催するとともに、共同研究や受託研究など産学連携も推進しています。地域にひらかれた大学として、日々努力を続ける滋賀県立大学にご期待ください。

 

 

公立大学法人滋賀県立大学理事長
廣川能嗣

 

平成30年度 入学式式辞(2018/04/05)

平成30年度 新年のご挨拶 <学生向け>(2018/01/04)

平成30年度 新年のご挨拶 <教職員向け>(2018/01/04)

平成29年度 入学式式辞(2017/04/06)

 


 

 

 

 
 

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP