本文へ

生活デザイン学科

生活デザイン学科イメージ

※生活デザイン学科のホームページはこちらです。

生活デザイン学科の人材養成目的と3つの方針

○ 人材の養成に関する目的 ○ アドミッションポリシー ○ カリキュラムポリシー ○ ディプロマポリシー

学びのポイント

 変わり行く生活をよく見つめ、そこに望ましい生活環境を形づくってゆく行為が「生活デザイン」です。本学科では、生活の中での人間とモノとの関係に注目して、その現状を観察・記録する考現学的調査を推進し、それを基礎に、住居、道具、服飾のデザインを学び、新しい生活の創造をめざします。
 実際の勉学においては、生活に関わるさまざまなデザイン分野の専任教員から指導を受けながら学びます。さらに学外から招聘する専門家の指導を受ける機会もあります。講義科目に加え、各分野ごとの演習科目によって、自ら問題を発見し、解決策を考え、表現する力を養っていきます。
 卒業後は、生活デザイン分野の広がりを活かして、住宅・建設関係、印刷・広告関係、服飾関係、製造業、流通・小売業、サービス業、デザイナー、公務員、教員など、多様な進路があります。また資格として、教職、学芸員、二級建築士・木造建築士受験資格、インテリアプランナー受験資格などが取得できるほか、繊維製品品質管理士の資格を得るための道も開かれています。また、色彩能力検定、カラーコーディネーター検定などの受験も推奨しています。

 
  • point1
  • 幅広く学べます

    「地域」と「生活」の文化を研究する人間文化学部の中で、デザインを幅広く学べます。 幅広い分野構成から自分の最も興味のある分野を見つけだし、専門的に学んでいくことができます。

  • point2
  • 少人数で学べます

    個別的・個人的に指導を受けやすい少人数の学科です。各分野ごとの実技科目は、学年が進むと10数名のクラスになり、 これをときには複数の教員で指導します。3年生後期から卒業までは教員ひとりにつき最大6名程度のゼミナールに配属されます。

  • point3
  • フィールドワーク重視

    学外の生活・生産のフィールド(現場)とのかかわりを重視し、さまざまな機会において、実地調査、学外見学、 調査旅行などをおこない、企業や自治体のデザイン関連プロジェクトに積極的に参加します。

学びのステップ

4年間の学習フロー

1年次 2年次 3年次 4年次
前期 後期 前期 後期 前期 後期 前期 後期
生活科学や生活文化学の基礎を学ぶ     ゼミに所属し卒業研究に取り組む
考現学概論、消費生活論、人間行動論、マーケティング論、比較住居論、比較道具論、比較衣装論     生活デザイン論演習、卒業制作/卒業論文
デザインの基礎的技法を身につけ、生活デザインの視点を学ぶ     卒業研究成果発表会
卒業研究成果発表会
デッサン法、生活造形基礎実習、プレゼンテーション技法、基礎設計製図、基礎服飾デザイン、 生活デザイン論、社会調査論、生活素材論、染色学、人間工学、色彩学、消費科学    
    住居・道具・服飾デザインの理論と実践を学ぶ
    住空間デザイン、構造計画、住環境論、建築法規、構造力学、道具デザイン史、 道具計画論、現代産業デザイン論、服飾デザイン論、服飾造形論、服飾環境論、色彩学演習、 住環境設計演習Ⅰ~Ⅳ、道具デザイン演習Ⅰ~Ⅳ、服飾デザイン演習Ⅰ~Ⅳ

授業ピックアップ

住環境設計演習

住環境設計演習
実際の空間生成体験から住空間の設計やデザイン手法をより深く学んでいます。

服飾デザイン演習

服飾デザイン演習
デザイン画の表現手法やボディ着装、縫製技術などを学んでいます。

生活デザイン学外実習

生活デザイン学外実習
県内の伝統産業を題材に製品やブランド開発の提案を行っています。

道具デザイン演習

道具デザイン演習
日常で使われる道具に着目して、それぞれのデザイン開発手法を学んでいます。

 
 
人間文化セミナー(特別講義)

人間文化セミナー(特別講義)
プロダクトデザイナー・秋田道夫氏を招いてSKETCH WORKSHOPを開催しました。

LD賞(リビングデザイン賞)

LD賞(リビングデザイン賞)
毎年優秀な卒業研究に対して賞を授与しています。

 
 

○ 研究分野別研究者一覧

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP