本文へ

地域文化学科

環琵琶湖文化論実習で米原市醒ケ井の集落を歩く

※地域文化学科のホームページはこちらです。

地域文化学科のパンフレットはこちらです。

地域文化学科の人材養成目的と3つの方針

○ 人材の養成に関する目的 ○ アドミッションポリシー ○ カリキュラムポリシー ○ ディプロマポリシー

学びのポイント

 現代のような情報化社会において、かえって重要になってくるのは、現実の対象に向かって考えることです。整理された情報とは違って、現実はその多面性において一見人を容易に近づけないように見えます。地域文化学科では、1年次、2年次において、この「現実」に切り込み、分析し、表現するための学問的方法の習得を目指します。3年次からは少人数のゼミに配属され、各教員の指導のもと、あるテーマに対して学生自身が実際にその方法を適用し、卒業論文を仕上げていきます。
 地域文化学科において教員が研究しているテーマは多様です。時代でいえば古代から現代まで、地域でいえば滋賀県から中国・朝鮮にまでそのフィールドは広がります。学生諸君には何よりも自ら興味をもち、積極的に現実の対象に立ち向かってもらいたいと思います。その経験は、大学卒業後の仕事や生活においても大いに力になるはずです。

 
  • point1
  • ゼミ形式の演習

    少人数教育によって学生と教員の間、学生と学生の間に密接な交流が生まれます。

  • point2
  • 「地域」での実習

    近江から日本全国、朝鮮半島、中国大陸へ、人と文化を求めてフィールドワークに出かけます。

  • point3
  • 多様な学問手法

    歴史学、考古学、民俗学、建築学、社会学、地理学、芸術学、文化人類学など、「地域」との対話を求めて、 さまざまな視点と手法を習得します。

学びのステップ

4年間の学習フロー

1年次 2年次 3年次 4年次
前期 後期 前期 後期 前期 後期 前期 後期
基礎科目やフィールドワークで基本的スキルや教養を身につけます        
    専門科目で視野を広げ認識を深め、自己を発見・確認します
        自分のテーマを掘り下げ、卒業研究・論文に取り組みます
全員が1年間の環琵琶湖文化論実習(2泊3日のフィールドワークを含む)に参加し、滋賀県の歴史・文化に関するテーマを各自研究します。各分野の基礎科目(日本史料購読、考古学、民俗学など)を学びます。 3年次のゼミ配属に向けて、各教員の「プレゼミ」に参加し、自らの興味・関心のありかを探っていきます。各分野の基礎・専門科目(地域文化財論、中国・朝鮮地域文化論など)を学びます。 原則として2年間、同一ゼミに所属し、専門的学習を深め、自分で見つけたテーマについて調査・研究を行い、卒業論文をまとめます。古文書、中国語、朝鮮語の文献を読む力をつけるとともに、社会調査実習などのフィールドワークを通じて、文化遺産の保存や地域社会が直面している問題を考えます。

授業ピックアップ

水野ゼミ

日本中世史

主に文献史学の手法で地域社会や人間集団の在り方を時空間的に把握します。

日本近世史_古文書

日本近世史

江戸・明治の生きた歴史を学ぶために、地域に残る古文書を調査します。

当麻寺絵解き

日本美術史

美術作品を見てその意味を考え議論します。造形が見せる豊かな世界を追いかけます。

水利調査

フィールドワーク1

古文書を解読したことを元に、現地に赴き聞き取りを行います。

dummy_string
 
dummy_string
考古学_竹田城

日本考古学

「戦国を考古学する」をテーマに、城跡の発掘や大名墓の測量などをおこなっています。

保存修景論

保存修景論

伝統的建造物の調査とその保存計画の策定や古民家の再生をおこなっています。

石川ゼミ

保存修景論

「文化財情報論」では、文化財分野におけるCGの活用法などを学びます。

甲津原の民具調査

民俗学

民俗の宝庫といわれる近江を中心に伝統的な生活文化を調査しその意味を考えます。

dummy_string
dummy_string
考古学_韓国

東アジア考古学

年2回(9・3月)、韓国の遺跡踏査と博物館見学を実施しています。

田中_日本アジア交流史

日本アジア交流史

2015年は、新羅と日本の関係、円仁の唐における新羅人との関わりなどを学んでいます。

横田ゼミ

現代中国論

中国の文化や政治を東アジアの国際関係の中で考えていきます。

ナシ族踊り

文化人類学

異文化への理解を通じて、文化の普遍性を考えます。毎年中国へ実習に出かけます。

dummy_string
dummy_string
社会学_祝島調査

社会学

近現代の地域社会について、聞き取りと参与観察を通じて社会学的に調査します。

地理学_GIS

人文地理学

いろいろな地理データを地図化し、地域の現状や変化を読み取っていきます。

曳山まつり

フィールドワーク2

滋賀県をはじめ日本各地の祭礼の継承について調査しています。

金箔押し体験

フィールドワーク3

滋賀県彦根市で作られている「彦根仏壇」の金箔の美を学びます。

 

dummy_string
 

○ 地域文化学科 高校出前講座のご案内○ 研究分野別研究者一覧

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP