本文へ
HOMENEWS & TOPICS一覧/大学院工学研究科先端工学専攻博士後期課程3回生の石島政直さんが「第11回CSJ化学フェスタ2021」において「優秀ポスター発表賞」を2年連続で受賞しました
ここから本文

大学院工学研究科先端工学専攻博士後期課程3回生の石島政直さんが「第11回CSJ化学フェスタ2021」において「優秀ポスター発表賞」を2年連続で受賞しました

2021年12月17日
 

大学院工学研究科先端工学専攻博士後期課程3回生の石島政直さん(指導教員:バラチャンドラン ジャヤデワン 教授)が10月19日~21日にオンラインで開催された日本化学会秋季事業 第11回CSJ化学フェスタ2021」にて、優秀ポスター発表賞を2年連続で受賞しました。

この賞は、上記シンポジウムでの954件の学生ポスター発表の中から選出された172件の発表に送られるもので、受賞者の石島さんには表彰状が贈られました。

ishijima

受賞の詳細は、こちら をご参照ください。

 

発表内容について

■分類:材料化学

■題目:アルコール還元法を用いた二元系遷移金属ナノ構造の形態制御

■発表者:石島 政直・バラチャンドラン ジャヤデワン

■概要:多元系金属ナノ粒子は形態に応じて様々な特性が発現することが知られており、その形態制御技術の開発は非常に重要です。本研究ではアルコール還元法を用い、還元速度を制御することで、拡散やエッチングといった現象や反応を合成プロセス中に導入し、遷移金属二元系ナノ材料の形態制御を達成しました。また、CuとCoはお互いに固溶しにくい金属であるにも関わらず、ナノスケールでは固溶体が形成することを明らかにしました。これらの結果より還元反応を軸に合成プロセスを構築することによって結晶構造や元素分布などを設計する指針を得ました。様々な二元系金属ナノ材料の形態制御に応用可能であると考えられます。

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP