本文へ
HOMENEWS & TOPICS一覧/材料科学科の奥村吏来さんが、⽇本化学会第11回CSJ化学フェスタ2021において「優秀ポスター発表賞」を受賞しました
ここから本文

材料科学科の奥村吏来さんが、⽇本化学会第11回CSJ化学フェスタ2021において「優秀ポスター発表賞」を受賞しました

2021年12月17日
 

2021年10月19〜21日にオンライン開催された、日本化学会秋季事業-第11回CSJ化学フェスタ2021において、工学部材料科学科4回生の奥村吏来さんが優秀ポスター発表賞を受賞し、賞状が授与されました。この賞は、954件の学生ポスター発表の中から選出された172件の発表に贈られたもので、受賞者の奥村さんには表彰状が贈られました。

 

研究内容について

題目:「Cu系ペロブスカイト太陽電池へのアルカリ金属、有機カチオンの添加効果に関する研究」

発表者:奥村吏来、浅川由悟、寺田周平、鈴木厚志、奥健夫(滋賀県大工)、大北正信、福西佐季子、立川友晴(大阪ガスケミカル)

 

概要: ペロブスカイト結晶を用いた太陽電池は高い変換効率が報告され、世界的に注目されています。本研究は、第一原理バンド構造計算から、Cu ・アルカリ金属・有機カチオン添加による開放電圧・短絡電流密度・耐久性向上を幅広く予測し、実験で一部実証したもので、ペロブスカイト太陽電池の電子状態制御により、長期安定性と発電効率のさらなる向上可能性を示唆するものです。本研究は、大阪ガスケミカル株式会社フロンティアマテリアル研究所との共同研究によるものです。

 

賞状

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP