本文へ
HOMENEWS & TOPICS一覧/大学院工学研究科材料科学専攻の金澤暉さんが、プラスチック成形加工学会第28回秋季大会「成形加工シンポジア’20」において「ベストポスター賞」を受賞しました
ここから本文

大学院工学研究科材料科学専攻の金澤暉さんが、プラスチック成形加工学会第28回秋季大会「成形加工シンポジア’20」において「ベストポスター賞」を受賞しました

2021年02月12日
 

12月1日〜12月2日にオンライン開催されたプラスチック成形加工学会第28回秋季大会「成形加工シンポジア’20」において、本学大学院工学研究科材料科学専攻博士前期課程の金澤暉さんの発表が「ベストポスター賞」を受賞しました。

本賞は、初日午後に行われたポスター発表の中で優秀な発表に贈られるもので、今回は82件のポスター発表から8件が選出され、その中の1件に本発表が選ばれました。大会初日の夜に開催されたオンライン懇親会において、発表・表彰されました。

tatekanazawa.png
発表内容について

■題目:側鎖型液晶性高分子の液晶秩序における側鎖グラフト密度の影響

■発表者:金澤暉、竹下宏樹、徳満勝久、神澤岳史(滋賀県東北部工業技術センター)

■概要:高分子液晶の一種である側鎖型液晶性高分子は、高分子の特性を有しながら低分子液晶のような運動性を維持することができます。側鎖に結合した液晶メソゲン基の運動性は、メソゲン基の種類やスペーサー長などの分子構造に影響されることが知られています。今回のポスター発表では、従来知られている分子構造による影響に加えて、側鎖に結合するメソゲン基の密度の効果に着目しました。その結果、液晶を発現しない成分を高分子鎖中に少量導入し、メソゲン基の密度を疎にすることで、液晶の形成を邪魔することなく、液晶メソゲン基の運動性を向上させることが可能であることが分かりました。この結果は、側鎖型液晶性高分子の分子設計に新たな知見をもたらすものです。

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP