本文へ
HOME入試情報学部入試案内入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)/工学部材料科学科 入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)
ここから本文

工学部材料科学科 入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

 

材料科学科は、環境と調和した持続可能な人間社会の構築を目指し、科学技術に裏打ちされた材料の進歩に貢献できる、研究者 ・ 技術者の養成を目的としています。 そのため本学科では、学問の基礎の理解と実験や演習などの実践を重視し、無機から有機までの幅広い物質、新エネルギー材料や環境材料などの様々な用途について、基礎から応用にわたる多面的な教育・研究を行い、“モノづくり”や新材料に興味を持ち、自己の能力向上に努める人材の育成を行います。この教育目標を達成するために、次のような学生を求めます。

 

1.求める学生像

(1)無機から有機までの幅広い物質、新エネルギー材料や環境材料などの様々な領域に強い関心と学びに対する意欲があり、自らの明確な目標設定を継続して行える素養のある人(関心・意欲)

(2)数学、理科(物理と化学)、国語、英語、地理歴史・公民の科目に関して、材料に関する研究者・技術者となるための専門的内容と判断力の修得に必要な高等学校理系卒業レベルの学力を有する人(知識・理解)

(3)今までに得た知識・教養・経験を組み合わせ考える力(応用力)を持ち、また材料開発や新たな現象を類推する力(創造力)の素地があり、科学に対する思考を深めて適切に判断できる能力を伸ばす素養を有する人(思考力・判断力)

(4)問題解決のために、積極的に討議の場に参加でき、与えられた課題に対して論理的に相手を説得でき、リーダーシップを発揮する素養を有する人(積極性・論理的説得力・リーダーシップ力)

(5)主体的に他の人と協働して課題解決に向けた取り組みができ、得られた成果あるいは自分の考えについて自らの言葉で的確に表現し、相手に伝える能力を伸ばす素養を有する人(主体性・協働力・表現力)

 

2.入学者選抜の基本方針

材料科学科の入学試験では、高等学校までの教育課程を尊重し、基礎学力(知識・理解)を重視します。さらに、高等学校教育や日常生活によって培われた関心・意欲・思考力・判断力・積極性・論理的説得力・主体性・協働力・リーダーシップ力・表現力についても評価します。このため、一般選抜(前期日程・後期日程)と特別選抜(学校推薦型選抜A、B、C)を実施し、それぞれ大学入学共通テスト、個別学力試験、グループ討論、個別面接(口頭試問含む)のいくつかを組み合わせた入学試験を課します。

 

3.選抜方法

【一般選抜(前期日程・後期日程)】

一般選抜では、確かな基礎学力(知識・理解)と思考力・判断力・積極性・論理的説得力・主体性・協働力・リーダーシップ力・表現力を重視します。このため、大学入学共通テスト [国語・数学・英語・理科(物理、化学)・地歴公民] と個別学力試験 [数学・理科(物理と化学)] に加え、グループ討論を課します。また、主体性等を評価するために志望理由書等を参考資料とします。

 

【特別選抜(学校推薦型選抜)】

特別選抜(学校推薦型選抜A、B、C)では、確かな基礎学力(知識・理解)に加え、関心・意欲、主体性・協働力、思考力・判断力・表現力を評価します。このため、大学入学共通テストと個別面接(口頭試問含む)を課します。大学入学共通テストでは、特別選抜(学校推薦型選抜A、C)で国語・数学・英語・理科(物理、化学)・地歴公民を、特別選抜(学校推薦型選抜B)で国語・数学・英語・理科(物理、化学)をそれぞれ課します。

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP