本文へ
HOME学部・大学院環境科学部・大学院環境科学部/環境建築デザイン学科

環境建築デザイン学科

point2

※環境建築デザイン学科のホームページはこちらです。

環境建築デザイン学科の人材養成目的と3つの方針

○ 人材の養成に関する目的 ○ アドミッションポリシー ○ カリキュラムポリシー ○ ディプロマポリシー

学びのポイント

 建築・都市が大好きな粘り強い若者というのが本学科の学生像で、琵琶湖の辺という恵まれた環境を余すことなく勉学の糧とし、旺盛な行動力をたずさえてキャンパスライフをおくっています。琵琶湖周辺でのフィールドワークをかさね、建築・ランドスケープ作品を実際に建造したり、周辺地域のまちづくりにも積極的に取り組んでいます。世界の建築・都市デザインの動向にも敏感で、アジアの都市・地域環境の創造につながるリサーチも手がけるなど、活躍の場は大きくひろがっています。学生の自主的活動が活発なことも特色で、学生組織の1つ「談話室」では頻繁に講演会を開催するなど、日常では得られない刺激と知識の習得に努めています。世界的に活躍する教員集団は、学生のセンスに磨きをかけることを指針に教育・研究を実践しています。

 
  • point1
  • 幅広い「環境建築デザイン」から、得意分野を見つけよう

    本学の建築学科は、「建築計画・設計」「造園・ランドスケープ」「都市・地域計画」「建築史・空間論」「環境工学」「建築構造・安全防災」など、広範な分野から成り立っています。多彩な科目が開かれており、誰でも得意分野を見つけることができます。

  • point2
  • 実際に身体を動かして、体験をもとにイメージを組み立てよう

    環境建築デザイナーになるためには、幅広い素養を身につける必要があります。講義や書物からの知識のみでなく、現場での体験をもとに学ぶことが必要です。そして、複雑な条件や要求をひとつの空間・イメージにまとめるトレーニングが「演習」です。

  • point3
  • 「環境学」という視座から、建築・都市の未来を創り出そう

    他大学にはないユニークさは、環境生態学、環境政策・計画学、生物資源管理学といった重要な分野と「共生」し、ともに環境科学部を構成している点です。これからの生活空間・地域環境を考えていく上で、この教育・研究環境はかけがえのないものです。

学びのステップ

4年間の学習フロー

  1年次 2年次 3年次 4年次
前期 後期 前期 後期 前期 後期 前期 後期
計画   地域環境計画   空間計画論 都市・地域計画
コミュニティ計画論
建築生産施工
建築法規 環境行動論  
デザイン   建築・ランドスケープ・都市の理論と実際を学びます    
建築一般構造   環境設計Ⅰ
ランドスケープデザイン
環境共生デザイン
景観計画
環境設計Ⅱ 環境職能論    
演習 各分野の知識を活かし、空間を創り出す技法を学びます      
イメージ表現法
環境FWⅠ
設計基礎演習
CAD演習Ⅰ
設計演習Ⅰ
環境FWⅡ
CAD演習Ⅱ
設計演習Ⅱ
地域産学連携実習
設計演習Ⅲ
環境FWⅢ
環境・建築
デザイン演習
卒業研究・
卒業制作Ⅰ
卒業研究・
卒業制作Ⅱ
歴史・理論           ゼミに所属し独自のテーマに取り組みます
比較都市論   西洋建築・
思潮史
環境造形論
内部空間論
日本建築史 アジア建築史
環境技術史
文化財・保存
修景論A
 
技術 建築学の体系と基礎知識・基本技術を学びます        
  構造計画
建築数学・物理
構造力学Ⅰ 建築環境工学 構造力学Ⅱ
建築環境工学演習
構造材料実験
環境設備
環境技術  

授業風景

設計基礎演習

設計基礎演習
図面や模型の作成、プレゼンテーション技法など、設計の初歩を学びます。

設計演習Ⅰ

設計演習Ⅰ
敷地・機能・行為と空間との関係を理解し、建築造形の基本を学びます。独立住宅の設計では、街並みデザインの観点からも検討します。

建築環境工学演習

建築環境工学演習
場所による光・音・熱などのあり方の違いを測り、建築との関係を考えます。

設計演習Ⅱ

設計演習Ⅱ
計画理論を実践的な設計につなげる設計過程を学びます。

 
 
設計演習Ⅲ

設計演習Ⅲ
より高度な計画・デザイン手法を身につけ、総合的な提案力を学びます。

卒業研究・卒業設計

卒業研究・卒業設計
作品・論文展示会と公開プレゼンテーション・講評会のようす。

 
 

○ 研究分野別研究者一覧

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP