本文へ

生物圏環境研究部門

 生物圏の構成要素としての大気、水、土壌について、地球環境および地域環境変動との関連でその動態を究明するとともに、生物の生存と分布を支配する要因としての諸特性を評価し、生態系保全及び生物生産の基盤的条件を解明する。

研究領域 担当教員 職名 研究内容
地圏環境

小泉 尚嗣

堂満 華子

教 授
准教授
 地圏・水圏・大気圏をめぐる水の循環をキーワードにした地球環境変動の研究を行う。
 具体的には、人間活動や生物の生存にとって不可欠な環境要因となる水循環に関する地域的特徴、降水が地中に浸透してから河川水となり、さらに湖沼内に流入したのちに生じる水文学的・地形学的・地学的プロセス、海底・湖沼堆積物に記録された環境変遷史の解明などを研究課題とする。
水資源・水環境 大久保 卓也
岩間 憲治
皆川 明子
教 授
准教授
助 教
 環境と調和した持続可能な地域環境創出のための手法を考究する。具体的には、水資源と水質に関する水環境に重点を置き、植生における土壌物理学的環境管理と保全、水資源管理と生態系保全、土壌資源による環境汚染物質の浄化、水資源の効率的利用による湖沼・河川浄化、土壌間隙特性の把握による土壌物質移動メカニズムの解明、環境調和型の大気-土壌-水管理システムの構築などを教育・研究する領域を担当する。
環境化学・植物栄養

須戸 幹

飯村 康夫

教 授
助 教

 琵琶湖流域の水圏や土壌圏における物質循環の研究を通して、地域環境に及ぼす人間活動や環境素因子の影響を探求する。具体的には、環境中に放出される農薬や医薬品などのさまざまな人間由来の化学物質について、その環境動態を解明するとともに負荷削減対策の方策を究明する。また、土壌微生物の働きやそれが生じさせる無機栄養成分の役割を中心として、田畑を含む河川流域や湖沼環境において植物と土壌が果たす機能に関する研究課題を行う。

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP