本文へ

環境政策・計画学科

point2

※環境政策・計画学科のホームページはこちらです。

環境政策・計画学科の人材養成目的と3つの方針

○ 人材の養成に関する目的 ○ アドミッションポリシー ○ カリキュラムポリシー ○ ディプロマポリシー

学びのポイント

 環境問題の総合的性格に対応するために、限られた範囲の専門家ばかりではなく、視野を広くし、全体の見通しを立てる能力のある人が育ちやすい学習プログラムにしています。初年度からの専門科目の学習も、その一例です。
 実際のクラス編成などは、初年度から教員1名に学生4人程度のゼミナールなど、私立大学では考えられない少人数クラス単位の運営が主体になっています。各クラス別に専用の「自分達の部屋」があり、学生別に「自分達のパソコン」を使用できる学習環境ですから、4年間で相当の実力をつけることができます。
 さらに学習プログラムが幅広いことを反映して、卒業後の進路は多様です。実際の授業の選択により、公務員、企業の環境部門、環境コンサルタントなど、具体的な進路への対応を自分で設計することができます。

 
  • point1
  • 文理を問わず幅広い視野から環境に挑みます

    環境政策・計画に係わる科目は、文系と理系の幅広い分野にわたります。文理両者の基礎知識と方法論を学びながら、自分が得意な分野を伸ばすことができます。

  • point2
  • 自分自身で考え、行動し、実践します

    1回生から1クラス4人程度の授業があり、3回生前期の後半から全員が研究室に属して卒業研究に取組みます。また現地実習やグループワークを取り入れた授業が豊富です。

  • point3
  • 現場で役立つ実践的スキルを習得します

    卒業後、公務員や企業の環境部門、環境コンサルタントとして活躍できるよう、現場で役立つ実践的なスキルが身につきます。社会調査士などの資格取得につながるカリキュラムにもなっています。

学びのステップ

4年間の学習フロー

1年次 2年次 3年次 4年次
前期 後期 前期 後期 前期 後期 前期 後期
語学などの基礎科目や人間学を通して、幅広い視野を身につけます   水域環境学・同実験  
基礎となる理論を学びます  
環境科学概論、基礎統計、応用統計学、環境学原論、環境政策学、環境計画学など  
現場スキルの基礎を学びます    
地域調査法、政策形成・施設演習、環境フィールドワーク、ファシリテーション技法・演習、政策計画基礎演習など        
    発展的な現場スキルについて実践的に学びます    
    社会システム分析設計・演習、環境政策デザイン論・演習、環境マネジメント演習、合意形成支援技法・演習、環境情報演習、環境アセスメント、GIS演習など    
発展的な専門分野について学びます    
地域システム論、市民参加論、環境心理学、環境社会学、環境法、水環境政策論、地域開発論、環境経済学、廃棄物管理論、環境経営論、環境財政、国際環境資源論など    
          研究室に配属し卒業研究に取り組みます
          政策計画演習、卒業研究※着手発表会(12月)/中間発表会(5月・9月)/最終審査会(2月末)

授業ピックアップ

イベント計画論・演習

環境政策デザイン論・演習
グループで実際のイベントを仕掛ける体験を通して、イベントの計画と実践について理解します。2005年の愛・地球博でも実践しました。

政策形成・施設演習

政策形成・施設演習
「自分の発見」がねらいです。専門分野や最先端の情報をわかりやすく伝えます。

社会システム分析設計・演習

社会システム分析設計・演習
社会の関係性を解くための「発想法」や「図解法」と、提案としての「企画法」を学びます。

合意形成支援技法・演習

合意形成支援技法・演習
関係者(市民、行政、企業など)の合意形成を支援する技法について理解します。

 
 
ファシリテーション技法・演習

ファシリテーション技法・演習
対話の場の設計と運営、合意形成の技法を学び、ファシリテーションを体得します。

応用統計学

応用統計学
地域調査や社会調査に向けて、データの分析方法を統計の基礎とパソコン演習を交えて学びます。

 
 

○ 研究分野別研究者一覧

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP