本文へ

人間看護学科

image1
image2
 

※人間看護学科のホームページはこちらです。

人間看護学科の人材養成目的と3つの方針

○ 人材の養成に関する目的 ○ アドミッションポリシー ○ カリキュラムポリシー ○ ディプロマポリシー

学びのポイント

  • point1
  • 全学共通科目を通して豊かな人間性を養う

    他学部との共通科目を通して、人の痛みや苦しみを共有し、人間の生命の尊厳や権利を尊重できる豊かな人間性を備えた看護職としての資質を高めます。

  • point2
  • 人間を総合的に理解し、看護を学ぶ

    充実した専門科目で、専門職としての知識・技術を修得します。

  • point3
  • 臨地実習を通して理論と実践の統合を図り、科学的根拠に基づく技術力・応用力・判断力を養う

    講義・演習・実習を通して、社会情勢の変化に的確に対応できる柔軟な思考力を養い生活実態に即した看護を創造する力を学びます。

学びのステップ

4年間の学習フロー4年間の学習フロー

授業ピックアップ

基礎看護技術Ⅰ

基礎看護技術Ⅰ
ベッドの上で食事援助を行う演習風景です。

基礎看護技術Ⅳ

基礎看護技術Ⅳ
「生活行動」の基本的な援助技術や感染予防、薬物療法などの技術を学びます。

地域看護学実習

在宅看護学実習
訪問看護ステーションの実習風景です。

助産診断・技術学Ⅱ

新生児のバイタルサイン測定などの観察技術を学んでいます。

 
 
成人クリティカルケア演習

成人クリティカルケア演習
成人期にある患者の生命を守り、安全な回復、治癒過程を支えるための援助方法を学習します。

成人看護領域の実習

成人看護領域の実習
立案した看護計画に対して臨床のスタッフと の検討会に参加し実践力を養っています。

 
 

○ 研究分野別研究者一覧

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP