本文へ
HOMEInformation一覧/全学共通教育推進機構専任講師(英語・国際担当)の公募について
ここから本文

全学共通教育推進機構専任講師(英語・国際担当)の公募について

1.所 属 :全学共通教育推進機構
2.募集人員 :専任講師 1名
3.専門分野 :英語教育またはこれに関連する分野
4.職務内容

  (1) 全学共通基礎科目の「英語」等 週10 コマ程度(1 コマ90 分)
  (2) 留学プログラム開発および交換留学協定校との連携・交渉等業務
  (3) 全学共通教育推進機構が必要と認めるその他の業務
5.応募資格 :

【A 英語母語話者またはCEFR C2レベルの英語運用能力を有する者の応募資格】
     (1) 大学の事務書類を読むことができ、会議等で議論できる程度の日本語能力を有すること
     (2) 修士以上の学位を有する者
     (3) 後期中等教育機関または大学、あるいはそれらに準ずる教育機関において、3年以上の英語教育の

        経験を有する者(ただし、日本の大学での1年以上の教育経験(非常勤講師を含む)を有すること)
【B 日本語を母語とする者の応募資格】
     (1) 高度な英語の運用能力を有する者(英語圏での留学経験または居住実績があることが望ましい)
     (2) 修士以上の学位を有する者
     (3) 修士以上の学位を取得後、日本において、後期中等教育機関または大学、あるいはそれらに準ずる

        教育機関において、3年以上の英語教育の経験を有する者

        (ただし、日本の大学での1年以上の教育経験(非常勤講師を含む)を有すること)
【上記AおよびBの共通の応募資格】
    (1) 学部・学科、事務局と協力し、交換留学協定校との連携・交渉(開拓)に関する業務ができること。

        また、これにかかる海外出張等に対応できること

        (交換留学協定等、国際交流事業にかかる職務の実務経験(特に英語圏の大学との交流実績)を

        有する者が望ましい)
    (2) 英語教育に積極的かつ責任を持って取り組み、教育研究および社会活動参加にも意欲的な者
    (3) 学部・学科と連携し、学生の留学に関し積極的に支援ができる者
    (4) 大学運営業務に積極的に関わる意志があり、協調して学生教育に貢献できる者
    (5) 着任時に滋賀県内に居住することができる者が望ましい。
6.採用予定日:令和3 年4 月1 日
7.待 遇 :公立大学法人滋賀県立大学職員就業規則およびその他の規則による
  (参照先URL)
  http://www.usp.ac.jp/campus/joho/daigakukiteisyu/
  http://www.usp.ac.jp/campus/joho/syokuintingin/
  勤務時間:専門業務型裁量労働制の適用(1 日のみなし労働時間は7 時間45 分とする)
  社会保険:公立学校共済組合
  雇用保険:適用あり
8.勤務形態 :常勤(任期なし) 定年65歳
9.提出書類 :以下の全書類をPDFファイルにまとめ、USBフラッシュメモリあるいはCD-Rに保存し、1部印刷したものと共に郵送すること
  (1)履歴書(英語または日本語で作成し、写真を貼付すること)※本学指定様式を使用すること
  (2)研究業績調書(著書、論文、研究発表、教材等)

    ※日本語もしくは英語のどちらかで作成すること(任意様式)
  (3)主要業績の別刷りまたは写し3点(単著論文が望ましいが、共著論文においては担当箇所を明記すること)および、これら3点についてその概要をそれぞれ英語300語程度でまとめたもの
  (4)「これまでの英語教育活動の概要および着任後の英語教育に対する抱負」、「留学派遣や国際交流事業にかかる職務経験など」について、それぞれ英語1,000 語程度(任意様式)でまとめたもの
  (5)最終学歴証明書または学位記の写し
  (6)英語母語話者またはCEFR C2レベルの英語運用能力を有する者で、日本語運用能力を証明する検定試験を受験している場合は、その結果等の写し。日本語を母語とする者で、英語運用能力を証明する検定試験を受験している場合は、その結果等の写し
  (7)応募者に関して問い合わせできる方2名の氏名・所属・連絡先(電話番号および電子メールアドレス)
  (8)宛名と宛先を明記し切手を貼付した返信用封筒(応募書類および論文等の返却用)
10.応募締切 :令和2年9月28日月曜日17時必着
11.選考方法 :

    教員等候補者選考委員会で書類審査のあと、人事会議において審議する。審議に先立ち本学において二次審査(模擬授業および面接)を行う(10月23日~25日のいずれかを予定)。二次審査対象者については10 月14 日水曜日までに履歴書記載の連絡先にその旨通知する。ただし、二次審査対象者が海外に居住している場合は、オンラインによる模擬授業および面接を行う。
なお、応募者が選考を受けるために必要な費用(通信費、旅費等)はすべて本人負担とする。
※選考過程において追加資料を求めることがある。
12.書類提出先:

    滋賀県立大学 全学共通教育推進機構 機構長  倉茂 好匡 宛
    〒522‐8533 滋賀県彦根市八坂町2500
    ※封筒の表に「全学共通教育推進機構講師(英語・国際担当)応募書類在中」と朱書し、郵便の場合は書留とすること(宅配便も可)。電子メールによる応募は受け付けません。
13. その他 :

    別途公募中の本学全学共通教育推進機構専任講師(英語担当・英語母語話者等)または(英語担当)に重複応募することは差し支えないが、それぞれ提出書類を別葉で郵送すること。その際には、提出書類を封入したそれぞれの封筒の表に応募枠の名称((英語担当・英語母語話者等)、(英語担当)または(英語・国際担当)のいずれか)を明記すること
14.問い合わせ先:
  〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500
  滋賀県立大学全学共通教育推進機構
  E-mail kyomu@office.usp.ac.jp ※質問は電子メールのみの受付とする。
15.担当者職・氏名:機構長   倉茂 好匡

 

    滋賀県立大学【履歴書様式】 (42.5 KB)

    Curriculum Vitae (26.0 KB)

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP