本文へ
HOME大学案内教員公募/工学部ガラス工学研究センター教員(講師)の公募について
ここから本文

工学部ガラス工学研究センター教員(講師)の公募について

2021年07月21日
 

 

工学部ガラス工学研究センターでは、下記の要領で教員を募集しますので、お知らせいたします。

 

 

1.募集人員: 講師 1名

2.教育研究組織:工学部 ガラス工学研究センター ガラス製造プロセス工学講座(寄付講座)

                (工学部 材料科学科 セラミックス材料分野 兼務)

3.専門分野:ガラス、セラミックス、スラグ、マグマ、無機固体 など

4.担当科目:化学実験、材料科学実験、物理化学や計算材料科学に関する演習など

5.応募資格:              

(1)博士の学位を有するか、着任時までに取得見込であること

(2)ガラス、セラミックス、スラグ、マグマ、無機固体、界面化学、計算材料科学(無機材

料関係)のうち、何れかの分野で研究実績を有すること

(3)ガラスの製造または長期耐久性に関連する基礎物性に興味を持ち、これらについて基

礎科学的な視点から研究に取り組めること

(4)教育、地域連携、大学運営に関する業務にも意欲的に取り組めること

6.着任時期:応募締切後、令和5年4月1日までのできるだけ早い時期 (採用決定後に相談)

7.待 遇:公立大学法人滋賀県立大学職員就業規則およびその他の規程による

勤務時間:専門業務型裁量労働制の適用(1日のみなし労働時間は7時間45分とする)

社会保険:公立学校共済組合、雇用保険・労災保険適用あり

研究費に対する育児休業復帰加算制度あり

8.任 期:3年(再任制度あり)

9.応募書類:           

以下の全書類をPDFファイルにまとめUSBフラッシュメモリあるいはCD-Rに保存し、印刷した

もの1部と共に郵送して下さい。

(1)履歴書(写真添付,本学指定様式)
(2)個人調書(別紙様式第2号)
(3)研究業績・その他一覧

別紙様式第3号を使用し、[1] 著書、[2] 学術論文、[3] 学位論文、[4] 国際会議プロシーディングス(全文査読有)、[5] 参考論文(上記以外の論文および国際会議等のプロシーディングス、解説および総説を含む)、[6] 特許、[7] 他の知的財産、[8] 学会発表、[9] 科学研究費等の競争的研究資金の採択状況(代表・分担の別を明記)に整理して記載すること

(4)教育実績・その他一覧(別紙様式第4号)

(5)代表的な学術論文3編以内の別刷またはコピー

(6)現在までの教育と研究の概要(A4用紙2ページ以内)

(7)着任後の教育と研究に関する構想(A4用紙2ページ以内)

(8)照会可能な方1名の氏名と連絡先

10.応募締切: 令和3年 11月1日月曜日必着

11.選考内容:書類選考後、面接(プレゼンテーション)を行います。なお、応募者が選考を受け

るために必要な費用(郵便料、電話代、交通費等)は全て応募者の負担とします。選考の結果

は可否に拘わらず応募者全員に通知します。

12.書類提出先・問い合わせ先:

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500

滋賀県立大学工学部 ガラス工学研究センター センター長 松岡 純

電話:0749-28-8365, e-mail:matsuoka.j@mat.usp.ac.jp

応募書類の封筒には「ガラス工学研究センター教員(講師)応募書類在中」と朱書きし、簡易書留にて郵送して下さい。応募書類は原則として返却いたしません。

13.備 考:  

(1)本学は男女共同参画を推進しており、女性研究者の応募を歓迎します。

(2)本学では教教分離を実施しており、教員は四つの研究院のいずれかに所属したうえで、学部、附属施設などの教育研究組織に配置されることとなります。なお、所属する研究院は、採用時に希望を伺って定めることとなります。

なお、履歴書および別紙様式については、下記からダウンロードしていただいたもの、または「研究者人材データベース (JREC-IN)」 https://jrecin.jst.go.jp/ に登録されている本応募用指定様式をお使いください。

 

履歴書様式

様式2-4

 

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP