本文へ
HOMENEWS & TOPICS一覧/工学部材料科学科の伊田翔平助教がPolymer Chemistry誌において「2018 Emerging Investigator」に選出されました。

工学部材料科学科の伊田翔平助教がPolymer Chemistry誌において「2018 Emerging Investigator」に選出されました。

 

2018/04/03
 

 工学部材料科学科の伊田翔平助教が、イギリス王立化学会が発行する学術論文誌『Polymer Chemistry』におきまして、「2018 Emerging Investigator」に選出されました。『Polymer Chemistry』は高分子化学の専門誌であり、同分野におけるトップジャーナルのひとつです。同誌では、高分子化学分野において今後の活躍が期待される若手研究者(Emerging Investigators)の特集号を発行しています。2011年、2015年に続いて3回目となる今回の特集号(4月7日発刊)では、推薦を基に編集委員会によって選出された後、論文の査読審査を経て、世界各国から29名(日本からは3名)の若手研究者の論文が掲載されました。伊田助教はそのうちの一人として選出され、論文が掲載されるとともに編集委員長による巻頭言では写真付きで略歴が紹介されています。

 

【論文の概要】

著者:Shohei Ida, Hironobu Kitanaka, Tatsuya Ishikawa, Shokyoku Kanaoka, Yoshitsugu Hirokawa

題目:Swelling Properties of Thermoresponsive/Hydrophilic Co-networks with Functional Crosslinked Domain Structures

論文の内容:高分子ゲルは高分子の三次元網目に多量の水を含んだ物質で、環境にやさしいソフトでウェットな材料としてますますの応用が期待されています。その中でも、外部刺激に応答するゲルが注目を集めています。筆者らは温度変化に応答して性質を変化するゲルについて、2種類の高分子鎖を組み合わせるとともに、網目構造における2種類の高分子鎖の空間的配置を設計することによる高機能化について研究を進めています。本論文では、特に高分子鎖同士の繋ぎ目を一方の高分子鎖のみが持つようなドメイン構造を設計することにより、従来のゲルと比較して温度変化に対して大きくかつ素早く体積を変化することを示しています。

 

Polymer Chemistry, 2018, 9, 1701-1709.

http://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2018/py/c7py01793f#!divAbstract

 

伊田先生Polymer Chemistry

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP