本文へ
HOMENEWS & TOPICS一覧/KIPA第1回デザインコンペティション2017・ツナグ+DESIGN[ガラスのインフォメーションセンター]において、生活デザイン学科藤木ゼミの3回生が共同で取り組んだ作品が、佳作を受賞しました。

KIPA第1回デザインコンペティション2017・ツナグ+DESIGN[ガラスのインフォメーションセンター]において、生活デザイン学科藤木ゼミの3回生が共同で取り組んだ作品が、佳作を受賞しました。

2017/12/12

 KIPA第1回デザインコンペティション2017は、関西インテリアプランナー協会が主催するインテリアデザインコンペティションです。
 5M×5M×5Mの透明ガラスのキューブを想定し、ここに世界と日本を繋ぐインターフェイスとしてのインテリアデザインを提案します。

 

KIPA第1回デザインコンペティション2017
ツナグ+DESIGN[ガラスのインフォメーションセンター]

 

佳作

作品名:有無-ないようであるもの-
受賞者:福山 未菜子さん、田窪 恵理奈さん、 石川 采奈さん、千田 梨穂さん、高橋 杏奈さん(以上、生活デザイン学科藤木ゼミ3回生)

 

〈作品コンセプト〉
“ない” ようで “ある” もの・ガラス
まっすぐ伸びるはずの線は、あるところでうねり、たわみ動きをなす。 透明なガラスは、無数の線たちに動きや光の変化を与え “ないようである” 自らの存在を知らしめる。
ガラスを平面ではない、曲面にすることで、形の変化による外部へのはたらき、大きな光の屈折をもたらす。その影響による空間のはたらきは細いひもでつくられた “線” により可視化される。ガラスの存在により、はたらく力が空間全体に広がることを見て感じるインフォメーションセンターを提案する。

 

審査委員

審査委員長
・小梶 吉隆  (一般社団法人 関西インテリアプランナー協会 会長) 
審査委員 
・石津 勝       (大阪芸術大学 准教授)  
・岩田 章吾    (武庫川女子大学 教授)  
・岡本 清文    (近畿大学 教授) 
・小川 千賀子 (株式会社デザインクラブ 代表)  
・角田 暁治    (京都工芸繊維大学 准教授)  
・川北 英       (京都美術工芸大学 教授)  
・立山 智佳子 (高島屋スペースクリエイツ株式会社 デザインチームリーダー)  
・中村 俊郎  (イチマルヨンロク デザイン 代表) 
・濵田 徹       (株式会社イリア 関西事務所 所長)
・藤本 英子    (京都市立芸術大学 教授)

 

コンペ結果のアドレス
http://www.kipa.or.jp/kdc/td2017/award.html

 

コンペ作品募集のアドレス
http://www.kipa.or.jp/kdc/tsunagu_design.html


受賞作品

受賞作品

下記、授賞式の際の写真(左から福山、田窪、千田、石川、高橋は欠席)。

授賞式

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP