本文へ
HOMENEWS & TOPICS一覧/大学院工学研究科材料科学専攻の吉田圭佑さんが第9回日本セラミックス協会関西支部学術講演会おいて学生講演賞を受賞しました

大学院工学研究科材料科学専攻の吉田圭佑さんが第9回日本セラミックス協会関西支部学術講演会おいて学生講演賞を受賞しました

2014/08/06

 

 大学院工学研究科材料科学専攻博士前期課程1回生の吉田圭佑さんが、「第9回日本セラミックス協会関西支部学術講演会(2014年7月25日堺市にて開催)」において学生講演賞を受賞しました。
 本講演賞は、ポスター講演を行った学生発表者の中で特に優秀な学生に贈られるもので、本年は約70件のポスターの中から8件の講演が選ばれました。

講演の概要

著者:吉田圭佑、吉田智、山田明寛、曽我直弘、松岡純、アンドレイ・エラパルト、チャールズ・カーキャン
題目:「顕微光弾性法によるガラスの押し込み残留応力の評価とその圧子形状依存性」
講演の内容について: 
モバイル機器の急激な普及により、ガラスの傷(クラック)に対する抵抗性やその評価法に注目が集まっています。この研究では、ガラス表面にダイヤモンド製圧子を用いて微小凹みを形成させ、その周囲の残留応力を光弾性観察により決定することに成功しました。さらに、残留応力の圧子形状依存性を評価し、その原因を考察しました。この研究成果は、米国およびエストニアの研究者との共同研究により得られたものです。

表彰状

 

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP