本文へ
HOMENEWS & TOPICS一覧/人間文化学部 南政宏助教が独「red dot product design 2015」を受賞しました

人間文化学部 南政宏助教が独「red dot product design 2015」を受賞しました

2015/07/06

 

 人間文化学部 南政宏助教がデザインしました製品(yutanpo)が、世界で最も権威のあるデザイン賞のひとつである「red dot product design 2015 / レッド・ドット:プロダクトデザイン2015」を受賞しましたのでお知らせします。

 同賞は、ドイツの「Design Zentrum Nordrhein Westfalen(ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター)」が主催する約60年の歴史を持つデザイン賞であり、世界各国から幅広いカテゴリーの工業製品から応募があり、デザインの革新性、機能性、人間工学などの9つの基準に基づき審査されます。

 記念すべきレッド・ドット賞創設60周年を迎えた今年は、世界56カ国から過去最多の4,928点応募があり、38名の審査員が厳正に審査した結果、同製品に与えられたものです。受賞製品は「design on  stage」という特別展示において4週間公開され、その後 red dot museum(独)の常設展示に移されます。

 

■受賞作品はこちら

http://red-dot.de/pd/online-exhibition/work/?lang=en&code=05-03386-2015

 

■製品概要

 磁器でできた湯たんぽ。布団の中へ入れて使用する湯たんぽですが、多くの既存の湯たんぽは、蓋の部分が突起として出ています。その出っ張りをなくし、人が触れる形状としてもっとも適した薄型でコンパクトな形態を目指しました。蓋を陶器で作ると、陶器同士が擦れ合う音が使用者に不快感をもたらすので、蓋はアルミニウムで製造されています。陶器は金属ほど熱伝導率が高くないので、火傷の危険性も金属より低いです。そして、本体は磁器製なのでアルミキャップを外せば電子レンジでの再加熱も可能です。お湯を捨てる際、女性の小さな手でも持ちやすく、親指が引っかかりやすいように裏面に溝をデザインしてあります。外側には静電気を起こしにくい素材の専用カバーがついています。 生地も肌触りがなめらかで、布団の中で毛布と擦れても静電気で不快な経験はありません。

 同製品は「Design for Asia Award 2014 / アジアデザイン賞2014」「JIDA design museum vol.16選定」も同時に受賞しています。

 

「red dot product design 2015」受賞
「red dot product design 2015」を受賞
 
 

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP