本文へ
HOMENEWS & TOPICS一覧/環境科学部生物資源管理学科 上町達也准教授 が執筆した論文が,園芸学会年間優秀論文賞を受賞しました

環境科学部生物資源管理学科 上町達也准教授 が執筆した論文が,園芸学会年間優秀論文賞を受賞しました

2015/04/13

 

 

 

 このたび、環境科学部生物資源管理学科 上町達也准教授が、「園芸学会平成27年春季大会(2015年3月28日~29日)」において、平成26年度優秀論文賞を受賞しました。

 本論文賞は、平成26年に園芸学会の英文誌及び和文誌に発表された論文の中から、優れた論文の著者に授与されるものです。

 

著者:上町達也、水原有理、出口佳代子、新庄康代、梶野恵理子、大場秀章

  (共著者の水原氏、出口氏、新庄氏、梶野氏は滋賀県立大学の卒業生、大場秀章博士は東京大学名誉教授)

論文名:Phylogenetic relationship of Hydrangea macrophylla (Thunb.) Ser. and H. serrata (Thunb.) Ser. evaluated using RAPD markers and plastid DNA sequences.

 

掲載雑誌(巻:頁):Journal of the Japanese Society for Horticultural Science (83: 163-171.)

 

論文の内容:

 

 日本に自生しているガクアジサイとヤマアジサイの系統学的な解析を行った論文です。葉緑体DNA配列やRAPDマーカーを用いて解析し、日本に分布するガクアジサイ、ヤマアジサイ系統の分類学的な位置関係を明らかにしました。また本研究により、日本の東部に分布するヤマアジサイ系統から日本固有種のガクアジサイやヤマアジサイの変種エゾアジサイが誕生したことが示唆されました。アジサイは園芸植物として重要な植物種ですが、アジサイにおいてこのような系統解析は少なく、本研究により分類学的ならびに育種学的に非常に重要な成果が得られました。

 

表彰状

 

 

 

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP