本文へ
HOMEInformation一覧/人間文化学部では国際コミュニケーション学科教員(助教)を公募します

人間文化学部では国際コミュニケーション学科教員(助教)を公募します

2017/10/24

 滋賀県立大学人間文化学部国際コミュニケーション学科では、下記の要領で教員公募を行います。

1.公募教員

 人間文化学部 国際コミュニケーション学科

 大学院 人間文化学研究科 地域文化学専攻 国際文化論部門 

 助教(任期なし) 1名

2.教育研究領域

 英語教育

3.採用予定日

 平成30年(2018年)4月1日

4.担当予定科目

 【学部】「教科教育法(英語)Ⅰ〜Ⅳ」「リスニング(中級)」「English Lecture(※英語による講義科目)」などの国際コミュニケーション学科の専門科目、および「人間探求学」「環琵琶湖文化論実習」などの基礎科目、演習科目、卒業研究指導を担当する。
 【大学院】応用言語学関連(博士課程前期)の科目および、特別演習、特別研究

5.応募資格

 (1)「英語科教育法」(教職科目)を担当するにあたり、文部科学省が定める教職課程認定基準を満たす者
 (2)英語教育を専門とし、当該分野に関する研究実績があり、英語教育、英語教員養成(教育実習指導を含む)に責任を持って取り組み、研究および社会活動参加にも意欲的な者(英語圏での留学経験があることが望ましい)
 (3)教員免許(英語)を有する者(中・高等学校等での勤務経験や実践経験があることが望ましい)
 (4)各種部会委員業務、入学試験業務、留学支援業務に積極的に関わる意志があり、協調して学生教育に貢献できる者
 (5)学位(博士号)を有する者あるいはそれに準ずる者
 (6)滋賀県内、もしくは近郊に居住することができる者

6.提出書類

 (1)履歴書(様式自由。ただし、顔写真を貼付し、連絡先を明記すること)
 (2)研究業績一覧(様式自由)

  ・著書、論文、発表、競争的資金(科学研究費等)獲得状況、社会活動などをそれぞれ発表年順に記すこと

  ・学会などによる審査の有無、単著・共著・分担執筆などの区別を明記すること
 (3)主要業績の現物もしくはコピー3点
 (4)研究業績の概要(A4用紙2枚程度)、ただし英語教育に関する研究活動歴および成果を明記すること
 (5)本学での教育および研究に関する抱負(それぞれA4用紙2枚程度)
 (6)「教科教育法(英語)ⅠおよびⅡ」それぞれのシラバス案
 (7)宛名と宛先を明記し切手を貼付した返信用封筒(応募書類および論文等の返却用)

7.応募締切

 平成29(2017)年11月22日(水)17時必着

8.選考方法

 本学部教員候補者選考委員会で審査の後、本学部教授会において審議確定する。審議に先立ち、平成29(2017)年12月8日(金)ないしは12月9日(土)のいずれかの日程で本学に於いて二次審査(応用言語学をテーマとして英語による20分の模擬授業・面接)を行う。二次審査対象者については12月4日(月)までに郵送および電子メールでその旨通知するので連絡先を明記すること(旅費は自己負担)。

9.書類提出先

 〒522-8533 彦根市八坂町2500
 滋賀県立大学 人間文化学部長 宛
 ✳封筒の表に「国際コミュニケーション科教員(英語教育)応募書類在中」と朱書きし、郵便の場合は書留とすること(宅配便も可)。

10.問合せ先

 滋賀県立大学人間文化学部 国際コミュニケーション学科 教授 小熊 猛

 koguma.t@shc.usp.ac.jp

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP