本文へ
HOMEInformation一覧/サント・トマス大(フィリピン)とのジョイントシンポジウムのご案内(12/15)

サント・トマス大(フィリピン)とのジョイントシンポジウムのご案内(12/15)

2017/11/15

 本学環境科学部と学部間協定を結んでいるサント・トマス大(フィリピン・マニラ)からRey Donne Papa教授(陸水学)ならびに同大の大学院生らが12月に来日を予定されています。この機会に、ジョイントシンポジウムを実施し、広く環境科学に関するトピックを取り扱い議論します。

 以下の実施要項をご参照の上、ふるってご参加ください。
 第1回のジョイントシンポジウムは20152月、第2回は20173月にサント・トマス大で開かれています。また、昨年度の国際環境マネジメントIII(人間学)は、同大の協力のもと、フィリピンで実施しています。

1.シンポジウムの名称

 The 3rd UST-USP Joint Symposium

2. 日程

 20171215日(金)  1310 - 1700 (同日夕刻に懇親会を予定しています)

3. 場所

 滋賀県立大学 A4-205, A4-206およびその周辺

4.使用言語

 英語

5.シンポジウム参加費

 シンポジウムは発表・聴講とも参加費は無料です。

6. 発表形式とポスター発表要項 

 口頭発表はフィリピン側5名、日本側5名を予定しており、既に講演者は確定しています。

 ポスター発表の演題を募集します。発表者は滋賀県立大学に所属する者、および滋賀県の各研究機関に所属している方とします。環境科学に関連する研究課題なら分野は問いません。教員・研究員・大学院生・学部生いずれでも発表は可能です。ポスターのサイズは基本的にはA0(縦長)とします。過去の学会で使用したポスターを利用して発表することも可能です。その場合、本シンポジウムでのポスター番号を示すラベルを貼付していただきます。

 

7. 発表申込と要旨集の作成について 

 発表要旨を、300ワードで作成のうえ、事務局(原田英美子:harada.e@ses.usp.ac.jp)までメールでご提出ください。発表要旨登録の締め切りは11月24日(金)とし、これを発表申込みに変えさせていただきます。発表を希望される方は、前もって事務局までご連絡いただければ、折り返し要旨のひな型をお送りします。

 

8. 懇親会

 シンポジウム終了後、人間看護学部棟内ナシェリアで懇親会を予定しています。詳細が決まり次第ご案内させていただきます。

以上、皆様のご参加をお待ちしております。

 

問い合わせ先

 〒522-8533 彦根市八坂町2500番地
 滋賀県立大学 環境科学部

 実行委員長 浦部美佐子 TEL 0749-28-8308 (urabe@ses.usp.ac.jp)

 事務局   原田英美子 TEL 0749-28-8322 (harada.e@ses.usp.ac.jp)


 学会のポスター

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP