本文へ
HOMEInformation一覧/課外活動等における新型コロナウイルス感染予防と罹患した場合の対応について
ここから本文

課外活動等における新型コロナウイルス感染予防と罹患した場合の対応について

 

滋賀県立大学の学生の皆様へ

令和2年3月10日

新型コロナウイルス感染症が世界各地に感染拡大している状況を受け、本学において2月28日に「新型コロナウイルス感染症にかかる行事等の取扱いについて」を公表し、今後の学内行事に関する基本方針を示したところです。

その後、滋賀県でも感染者が発生している状況の中、学生の皆さんにおかれましては、各種の行事・イベントを計画されていると思いますが、示された基本方針に基づき、下記の点に留意して行動していただきますようお願いします。

 

 

1 課外活動等における行事・イベントについて

部活動・サークル活動・地域貢献活動にかかるイベントや合宿、謝恩会などの行事については、今がまさに感染の流行を早期に収束させるために極めて重要な時期であるとの認識から、当面の間、延期または中止を検討してください。

 

2 行事を行う必要がある場合の対応について

やむを得ず行事を実施する必要がある場合は、全ての参加者および関係者の連絡先を把握するほか、アルコール消毒液の設置と手指の消毒、咳エチケット(マスクの着用)、石けんによる手洗いの励行の呼びかけなどの感染予防対策を必ず行ってください。

なお、厚生労働省から感染拡大を防ぐための情報が提供されています。集団感染の共通点として、「換気が悪く」 、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」とされていますのでご注意ください。詳しくは以下のリンクからご覧ください。

https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000601720.pdf

 

3 発熱等の症状がある場合の対応について

発熱等の風邪症状が見られるときや体調に不安があるときは、大学を休み、外出を控えて自宅で健康観察を行ってください。自宅での健康観察期間中は毎日体温を測定し、記録するようお願いします。

なお、次の症状がある方は、くれぐれも直接医療機関へ行かず、「帰国者・接触者相談センター」にご相談いただき、その指示に従ってください。

  • 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている。

※高齢者や基礎疾患のある方は、2日程度続く場合(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます。)

  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

 

滋賀県における帰国者・接触者相談センターの窓口

https://www.pref.shiga.lg.jp/ippan/kenkouiryouhukushi/yakuzi/309252.html

 

厚生労働省「新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安」

https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000597518.pdf

 

4 新型コロナウイルス感染症に罹患した場合の対応

感染拡大を防止するための措置を講じる必要がありますので、速やかに電話または電子メールにより、次に掲げる事項について学生・就職支援課(もしくは健康相談室)に報告してください。

(1)報告事項

       a)診断日  b)受診した医療機関  c)現在の状況(通院・入院の有無、症状等)

       d)発熱および咳などの呼吸器症状が現れた日

       e)診断日前1か月以内における外国への渡航歴の有無

       f)症状が現れた日以降における本学の関係者との接触との状況

      (授業、課外活動等への出席の状況)

 

(2)報告・連絡先

           滋賀県立大学   学生・就職支援課   電話0749-28-8218

                                健康相談室            電話0749-28-8225

                                E-mail     gakusei@office.usp.ac.jp

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP