本文へ
HOMEInformation一覧/人間文化セミナー「工芸品をめぐる価値とジェンダーの問題ー言説としての「女職人」ー」を開催します(1月23日)
ここから本文

人間文化セミナー「工芸品をめぐる価値とジェンダーの問題ー言説としての「女職人」ー」を開催します(1月23日)

2020年1月16日

 

滋賀県立大学人間文化セミナーを下記のとおり開催します。
是非お越しください。

●演題:

工芸品をめぐる価値とジェンダーの問題ー言説としての「女職人」ー

講師:奈良女子大学  准教授  山崎 明子  先生

●日時 :

2020年1月23日(木曜日)14時50分から16時20分まで

●場所 :

滋賀県立大学  A4棟205講義室

●対象 :

学生・教職員および一般(予約不要・参加無料)

●講演内容 :

山崎先生は、近代の日本で女性に奨励された「手芸」の歴史的・社会的な意味や、絵画やポスターなどに表される女性像の造形の特徴を、ジェンダーの視点から考えて来られました。今回は、今話題にもなっている女性職人の語られ方について論じられます。

各地の伝統的手工芸は、近代以降存続の危機に瀕しています。その最大の問題は産業化と考えられています。こうした手仕事の生き残りをかけた議論の一つが「女職人論」で、手仕事や伝統工芸の危機的な状況の打開策になっています。「女職人」はどのように語られ、現代の手仕事はどのように位置づけられているのでしょうか?

女職人論の現在を考えます。

●問い合わせ先:

〒522-8533  彦根市八坂町2500番地
滋賀県立大学  人間文化学部
TEL 0749-28-8401  FAX 0749-28-8479
主催  滋賀県立大学人間文化学部

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP