本文へ
HOME学部・大学院地域教育プログラム/近江楽士(地域学)副専攻

近江楽士(地域学)副専攻

 

○ 近江楽士(地域学)副専攻リーフレットはこちらからご覧いただけます。

アドミッションポリシー

近江楽士  本学ではこれまで「地域に学び、地域に貢献する大学」としての特徴を活かし、地域を学ぶさまざまな教育プログラムを全学・学部・学科それぞれの段階ごとに実施してきました。この分野の重要性がさらに増しつつあることから、平成23年度からは新設の科目も含めて関連諸科目を体系化し、全学共通の教育課程として設置することになりました。各学科専門の教育課程である主専攻とならび、全学共通の教育課程である副専攻としての位置づけになります。この副専攻は座学や現地学習など地域と連携した多様な内容で、コミュニケーション力、問題解決力、行動力などの向上を目指します。

近江学士(地域学)副専攻の位置づけは全学・学部・学科横断形

学びのポイント

 地域で学び、活動する基礎となるのは、リアルな世界で自ら関係を創り出していく能力、フィールドで考える能力です。本副専攻では「コミュニケーション力(聞く→理解する→伝える)」「行動力(目標設定→戦略→実践)」「問題解決力(状況認知→発想→決断)」の3つの要素からなる「ネットワーク力」の習得を主眼としています。

社会基礎力としてのネットワーク力
 
  • point1
  • 地域で学び、活動する力を体系的に習得

    コミュニケーション力を育む「地域探求学」(入門)、問題解決力を育む地域診断法(手法)、行動力を育む地域行動論(理論)、そして地域実践学実習(実践)を新設します。

  • point2
  • 地域人ネットワークによる支援体制

    自治体や企業、NPO、自治会など様々な形で地域活動に取り組む「地域人」のネットワークを構築し、教員とともに、学生の学びのプロセスをサポートしていただきます。

  • point3
  • 学習ポートフォリオの活用

    オンライン・システム上に学習成果や活動記録を蓄積し、振り返りをしたり、教員や地域人からフィードバックをもらったりすることで、学習や活動の内容をより深めることができます。

学びのステップ

4年間の学習フロー

1年次 2年次 3年次 4年次
前期 後期 前期 後期 前期 後期 前期 後期
基礎科目で基本的スキルや教養を身につけます        
    実習を通して視野を広げ、自己を発見・確認します  
「地元学入門」や「地域探求学」などを受講し、地域に学ぶための基礎的理論や手法を習得します。 「地域実践学実習」を通して、地域活動における実践的スキルを習得します。また各学部の専門選択科目で、地域活動を展開する上で必要な専門的知識・スキルを習得します。 所定の単位を修得した修了生には、「コミュニティ・ネットワーカー(近江楽士)」の称号が授与されます。

当該副専攻の修了には、副専攻が提供する「必修科目」「選択必修科目」、人間学及び環びわ湖大学・地域コンソーシアム単位互換科目のうち副専攻が指定した「基礎選択科目」、各学部学科の専門科目のうち副専攻が指定した「専門選択科目」から所定の単位を修得することが必要です。
○ 詳しくは、各学科科目配当表(履修モデル)をご覧ください。

近江学士(地域学)副専攻の終了要件と称号授与
 

PDF形式で掲載しておりますので、ご注意ください。 (最新版のAdobe Readerはこちら

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP