本文へ

人材の養成に関する目的など

 

人間看護学部人間看護学科における人材養成目的および入学者受け入れ方針(アドミッションポリシー)、 教育課程編成・実施方針(カリキュラムポリシー)、 学位授与方針(ティプロマポリシー)について

Ⅰ.人材養成目的

 人間看護学部は、人間の生命に対する畏敬の念をもち、その尊厳と権利を尊重する豊かな人間性を備えた看護職としての資質を培い、生活様式の多様化、医療の高度化等に伴って求められる看護の専門職としての知識・技術を習得し、看護における理論と実践を行うことができる看護職者ならびに地域の特性を理解した上で生活実態に即した看護を創造することができる人材の養成を目的とする。

Ⅱ.アドミッションポリシー

人間看護学部では、多面的な視野に立って人間と健康に関わる問題を解決し、地域に貢献できる看護職を育成します。この教育目標を達成するために、次のような学生を求めます。

【求める学生像】

人間に対する関心をもち、対人関係の基礎的能力を有する人(表現力・協調性)

② 生命、医療、看護に対して強い関心をもち、自ら学ぼうとする意欲を有する人(意欲・探求力)

③ 高度な専門的知識を身につけるために必要な確かな基礎学力を有する人(知識・理解)

④ 見出された課題解決に向けて論理的に思考できる基盤を有する人(思考力・判断力)

⑤ 地域社会から国際社会の問題まで広範な関心をもち、人と協働する力を有する人(関心・協働性)

Ⅲ.カリキュラムポリシー

 人間看護学部は、本学の「全学共通教育の目標」の達成を前提として、本学部独自のカリキュラムを構成している。興味・関心を持つことで知識・理解を促し、専門職者としての思考・判断能力や技術・技能および倫理観を備えた態度を培うことを目標として6つのディプロマポリシー(DP)を掲げている。
 DPを基にしたカリキュラム構成として、1~2年次に基礎となる看護学や対象を理解するための科目(共通科目・専門基礎・看護学科目群等)を配置し、1~2年次で養った能力を応用・発展させることを目的に、3年次に領域別看護学*の演習・実習科目群を配置している。また、本学部では領域別看護学実習科目群、人間看護学統合実習ならびに卒業研究を、6つのDPの到達を評価するための総括科目として位置づけている。
 *領域別看護学とは、成人看護学、老年看護学、精神看護学、小児看護学、育成看護学、在宅看護学の総称です。

 

<人間学・保健体育・専門科目>
A. 主体的に取り組む姿勢と、他者に共感・協調する態度を兼ね備え、人間の尊厳と権利を擁護する基本的な倫理観を備えるために、以下の科目を配置している。(DP-A)
 人間理解を深め、倫理観のベースを培うための科目として人間探求学、生命・人間・倫理等を配置し、そこで培った人間に対する尊厳や倫理観を、1~2年次に配置している基礎看護学科目群等を通してさらに深め発展させる。

 

<情報処理・専門科目・地域志向専門科目>

B. 人間に対する深い洞察力と看護学に対す幅広い興味関心をもち、生涯にわたって自らの学術的・専門的能力を高める姿勢を備えるために、以下の科目を配置している。(DP-B)
 学術的・専門的能力を高める姿勢を備え、人間理解および看護学に対する幅広い興味関心を高めるよう、1年次に情報処理を配当し、1~2年次に人間看護学概論・基礎看護技術・基礎看護学実習等の基礎看護学科目群を配置している。さらに、地域特性を踏まえ、生活実態に応じた看護を提供する志向を養うため、1年次に地域生活実習、1~2年次に地域志向専門科目である領域別看護学概論を配置している。

 

<専門基礎科目・専門科目・地域志向専門科目>

C. 看護学の専門知識と科学的根拠に基づき、人間を全人的に理解できるために、以下の科目を配置している。(DP-C)
 科学的根拠をもとに人間を全人的に理解するため、1~2年次に解剖生理学・疾病論・栄養学等の専門基礎科目を配置し、さらに看護学の専門知識を踏まえて地域課題解決も志向する領域別看護学概論・看護学科目を配置している。

 

<専門基礎科目・専門科目>

D. 健康上のさまざまな課題を科学的に分析し、解決のための方策を考えていくために、以下の科目を配置している。(DP-D)
 看護アセスメントを行うためにひつような専門知識を修得するため、1~2年次に専門基礎科目群を配置している。さらに専門知識をもとに、健康上のさまざまな課題を科学的に分析し、解決のための方策を考えていく領域別看護学演習科目を2~3年次に配置している。また、看護を研究的にとらえ発展させる能力を養うため、3年次に看護研究の基礎、4年次にはその総括として卒業研究を配置している。

 

<専門科目>

E. 基礎的な看護技術を修得し、対象や状況に応じた看護を提供するために、以下の科目を配置している。(DP-E)
 1~2年次に基礎看護学技術に関する科目を配置し、それらの技術を応用・発展するために3年次に領域別看護学演習・実習科目群、さらにその総括として人間看護学統合実習を配置している。また、専門選択科目において、専門的な看護実践能力を発展させるための科目群を配置している。

 

<地域基礎科目・語学・専門科目>

F. 国際的視点をもつと共に地域社会への貢献を視野に入れ、ヘルスケアチームの一員として、看護活動に取り組む基礎能力を備えるために、以下の科目を配置している。(DP-F)
 国際貢献を視野に入れ、1~2年次に外国語科目群を配置している。また、地域基礎科目における地域共生論・地域社会福祉論等の配置、および3年次に在宅看護学実習をはじめとする領域熱看護学実習を配置し、地域社会における看護職の役割を学ぶ。

 また、専門職者としての社会貢献のあり方を理解するために、3~4年次に国際看護学・災害看護学等を含む専門選択科目群、ヘルスケアチームを理解するための看護管理学を4年次に配置している。さらにその集大成として、人間看護学統合実習を4年次に配置している。

 

○ 人間看護学科カリキュラムマップ ○ 人間看護学科カリキュラムツリー

Ⅳ.ディプロマポリシー

A.  主体的に取り組む姿勢と、他者に共感・協調する態度を兼ね備え、人間の尊厳と権利を擁護する基本的な倫理観を備えている。

B. 人間に対する深い洞察力と看護学に対す幅広い興味関心をもち、生涯にわたって自らの学術的・専門的能力を高める姿勢を備えている。

C. 看護学の専門知識と科学的根拠に基づき、人間を全人的に理解できる。

D.  健康上のさまざまな課題を科学的に分析し、解決のための方策を考えることができる。

E. 基礎的な看護技術を修得し、対象や状況に応じた看護を提供できる。

F.  国際的視点をもつと共に地域社会への貢献を視野に入れ、ヘルスケアチームの一員として、看護活動に取り組む基礎能力を備えている。

PDF形式で掲載しておりますので、ご注意ください。 (最新版のAdobe Readerはこちら

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP