本文へ
HOME学部・大学院工学部・大学院工学研究科/先端工学専攻の人材養成目的と3つの方針

先端工学専攻の人材養成目的と3つの方針

 

工学研究科先端工学専攻における人材養成目的および入学者受け入れ方針(アドミッションポリシー)、 教育課程編成・実施方針(カリキュラムポリシー)、 学位授与方針(ティプロマポリシー)について

Ⅰ.人材養成目的

 博士後期課程の本専攻においては、主に材料科学系と機械システム工学系の教育研究に関わっている。本先端工学専攻では、環境問題の解決と21世紀の高度化した工業材料の進展に貢献する先端材料の開発や、機械全体を一つのシステムとしてとらえ、その機能、効率のみならず、リサイクル、人間、環境までをも統合化する高度な教育・研究を行い、指導的技術者、研究者を養成する。

Ⅱ.アドミッションポリシー

 先端工学専攻は、21世紀の高度化した工業技術の進展や環境問題の解決に貢献できる人材を養成します。そのために、学問の基礎と応用の理解と実践を重視し、サスティナブル社会を目指し、産業や環境技術の進展に貢献する先端材料の開発や、機械全体を一つのシステムとして環境、人間までをも統合化する教育・研究を行います。これらの基礎となる材料科学系、機械システム工学系、電子システム工学系の学力を有し、自己の能力向上を目指す学生を選抜します。

Ⅲ.カリキュラムポリシー

 先端工学専攻は、人材の養成に関する目的の達成のため、下記のような教育課程を編成します。
 材料科学、機械システム工学、電子システム工学およびその関連分野に関する深い学識に裏打ちされた幅広い知識および視野を身につけ、それらを最先端の工学に応用する能力を獲得するために、講義科目として、これら3つの工学に関する総合的内容の必修科目1科目と、材料科学関係2科目、機械システム工学関係2科目、電子システム工学関係2科目の選択科目を配置している。
 また、材料科学、機械システム工学、電子システム工学およびその関連分野において自ら新規研究課題を見出し、その研究方法を開発して高い水準の研究を遂行できる能力を身につけるために、必修科目として「先端工学特別研究」を配置している。
 さらに、自らの行った研究課題の重要性および研究の学術的・工学的意義を説明でき、また研究の内容を正確で論理的かつ判り易く纏め上げ、様々な学術的基盤を持つ人に対して説明できる能力を身につけるために、必修科目として「先端工学特別演習」を配置している。
 最後に、博士論文の作成および公表によって、高度な研究者として自立し社会に貢献できる能力を身につける。
 これらの科目の体系的な学修により、人材の育成に関する目標を達成する。

Ⅳ.ディプロマポリシー

 先端工学専攻は、人材の養成の目的を達成するため、下記のとおり、修了時点において学生が身につけるべき能力を定めます。
 本専攻において、所定単位の修得あるいは学力試験によって学力を確認し、論文および最終試験の審査基準に基づく審査の合格により、その達成とみなし、博士の学位を授与します。

A. 材料科学、機械システム工学、電子システム工学およびその関連分野に関する深い学識に裏打ちされた幅広い知識および視野を身につける。(知識・理解)

B. 材料科学、機械システム工学、電子システム工学およびその関連分野において、社会にとって有意義な新規課題を見出し、その研究に自らの手法を提案して取り組み、一定の制約の下で合理的に課題を解決できる能力を身につける。(技術・技能、思考・判断)

C. 自らの行った研究について、その課題の重要性および研究成果の学術的・工学的意義を説明できる。(技術・技能、興味・関心)

D. 自らの行った研究について、その内容を科学的・論理的かつ判り易く纏め、社会に対して説明できる能力を身につける。(技術・技能、興味・関心)

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP