本文へ
HOME学部・大学院工学部・大学院工学研究科/機械システム工学専攻の人材養成目的と3つの方針

機械システム工学専攻の人材養成目的と3つの方針

工学研究科機械システム工学専攻における人材養成目的および入学者受け入れ方針(アドミッションポリシー)、 教育課程編成・実施方針(カリキュラムポリシー)、 学位授与方針(ティプロマポリシー)について

Ⅰ.人材養成目的

 博士前期課程の本専攻においては、単に機械の構成要素の技術開発や組み合わせを論ずるのではなく、機械全体を一つのシステムとしてとらえ、機械工学と他の工学分野との融合を図りながら、その構築に際して、機能、効率のみならずそれらを使用する人間をも考慮できる総合力のある人材を養成する。

Ⅱ.アドミッションポリシー

 機械システム専攻においては、単に機械の構成要素の技術開発や組合せを論ずるのではなく、機械全体を一つのシステムとして捉え、機械工学と他の工学分野との融合を図りながら、その構築ができる人材を養成します。特に最近ではシステムの機能、効率に加えてマンマシンインターフェース、環境調和を考慮できる能力も必要とされています。そのために技術開発研究に必要な熱力学、流体力学、材料力学、機械力学などの基礎学力に加えて、生産システム、制御工学、人間工学、環境工学などの応用について教育研究を行います。したがって、“ものづくり”において多面的に物事を観察し、推敲し、コミュニケーションが取れる学生を選抜します。

Ⅲ.カリキュラムポリシー

 機械システム工学専攻では、機械全体を一つのシステムとしてとらえ、機械工学と他の工学分野との融合を図りながら、その構築に際して、機能、効率のみならず使用する人間をも考慮できる総合力のある人材を養成します。この目的の達成のため、下記のようにカリキュラム(教育課程)を編成しています。
 機械システム工学に関する幅広い知識および視野を身につけるために、講義科目を配置する。
 自ら研究課題を見出し、研究遂行に必要な知識を自ら獲得して、高い水準の研究を遂行できる能力を身につけるために、「機械システム工学特別演習」を配置する。
 自ら見出した研究課題を解決するために、研究計画を立案して、実験あるいは理論的研究を実行し、研究の成果を論理的に纏め、広範な人に説明・議論して、研究を発展させる能力を身につけるために、「機械システム工学特別実験」を配置する。
 修士論文の作成および発表によって、論理的な思考能力、論文および口頭発表による表現能力を身につける。

Ⅳ.ディプロマポリシー

 機械システム工学専攻は、修了時点において学生が身につけるべき能力(教育研究上の目的)を下記のとおり定めます。これらの能力を獲得し、カリキュラムに規定する所定の単位を修得し、論文および最終試験の審査に合格した者に、修士の学位を授与します。

A. 機械システム工学に関する幅広い知識および視野を身につける。(知識・理解)

B. 機械システム工学の分野における社会に寄与する研究課題を見出し、必要な知識を獲得して研究を遂行し、自らの力で課題を解決できる能力を身につける。(技術・技能、思考・判断、興味・関心)

C. 自らの行った研究の成果を纏め、発表・議論して、研究を発展させる能力を身につける。(技術・技能、思考・判断)

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP