本文へ

材料科学科

point2

※材料科学科のホームページはこちらです。

材料科学科の人材養成目的と3つの方針

○ 人材の養成に関する目的 ○ アドミッションポリシー ○ カリキュラムポリシー ○ ディプロマポリシー

学びのポイント

金属・セラミックス・高分子~既存の枠を超えた材料開発~

 例えば、水素エネルギーを安全かつ効率的に利用するためには、どのような材料が必要となるでしょうか?水素を安全に貯蔵する材料や、水素だけを効率的に通すことができる材料が必要です。このような材料を開発するためには、広範な材料に関する知識と、原子や分子を操る技術、そしてブレイクスルーを達成する斬新なアイディアが求められます。材料科学科では、このようなスキルをもつ材料研究者が育ちます。

鋭い観察眼と柔軟な発想を養う実践的な教育カリキュラム

 目の前で起こる様々な事象を注意深く観察することが、新しい発見のためには必要です。材料科学科では、物理や化学などの基礎学力に加えて、実験・演習を重視した教育カリキュラムにより、課題を見つけ、課題の解決ができる研究者・技術者を社会に送り出しています。

 
  • point1
  • 材料科学は環境調和型科学

    地球環境の保全を考えた循環型社会における材料開発のために、様々な材料の基礎から応用までを総合的に学びます。

  • point2
  • 実験・演習により知識を自分のものに

    系統的な実験・演習カリキュラムが、基礎科目から専門科目にいたる材料科学の理解を深めます。

  • point3
  • 学生一人ひとりが研究者~充実した研究環境~

    4年次には学生一人ひとりが、異なる研究テーマに取り組み ます。材料科学科の様々な共同研究装置が、個々の研究をサ ポートします。

学びのステップ

4年間の学習フロー

1年次 2年次 3年次 4年次
前期 後期 前期 後期 前期 後期 前期 後期
語学などの基礎科目や人間学を通して、幅広い視野を身につけます  
数学や物理学、物理化学など、工学部共通の基礎科目を学びます      
  物理化学、無機化学、有機化学を柱とする材料科学科の基礎科目を学びます  
        広範な材料の特性を学び、卒業研究に取り組みます
材料科学への入門、高校化学や高校物理を基礎に、専門科目を学ぶための基礎を固めます。 基礎科目の理解をさらに深め、無機化学や有機化学などの専門科目を学びます。 また、発表や討論などを通して、表現能力を身につけます。 基礎科目の知識を基に、種々の材料特性の基礎を学びます。 材料科学実験では、自ら手を動かすことによって、材料の特性の違いを学びます。 6つの研究分野に分属し、卒業研究に取り組みます。卒業研究では、テーマについての問題解決能力や研究成果を伝える力を養います。
●実験・演習科目の例
分析・環境化学実験
人間探求学
●実験・演習科目の例
定量・機器分析および同実験、物理学実験、物理化学総合および同演習、有機化学総合および同演習
●実験・演習科目の例
材料科学実験、科学技術英語、先端材料科学、材料計算化学および同演習
●実験・演習科目の例
卒業研究

授業ピックアップ

分析・環境化学実験

分析・環境化学実験

材料計算科学および同演習

材料計算科学および同演習

卒業研究

卒業研究
高分子材料の強度測定

卒業研究

卒業研究
機能性高分子の合成

 
 
卒業研究

卒業研究
カラムクロマトグラフィーによる精製

卒業研究

卒業研究
ガラス試料の作製

 
 

○ 研究分野別研究者一覧

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP