本文へ
HOME学部・大学院工学部・大学院工学部機械システム工学科/人材の養成に関する目的など

人材の養成に関する目的など

 

 工学部機械システム工学科における人材養成目的および入学者受け入れ方針(アドミッションポリシー)、 教育課程編成・実施方針(カリキュラムポリシー)、 学位授与方針(ティプロマポリシー)について

Ⅰ.人材養成目的

 機械システムは、産業の根幹をなし、生活を支える様々な製品を造りだす技術の発展とシステムの開発に欠かせないものである。基礎学問を重視し、多くの演習や実験を取り入れた教育によって、実践的素養と工学的課題を解決できる能力を養い、 システム的な思考ができる技術者の養成を目指す。

Ⅱ.アドミッションポリシー

 入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)はこちら

Ⅲ.カリキュラムポリシー

 機械システム工学科は、機械工学の基礎とシステム的なセンスと、高機能な機械の設計・開発能力を備え、柔軟な発想能力を発揮する技術者を養成します.この目標を達成するために、下記のように「教養科目」および「基礎から応用にわたる幅広い専門科目」によって、カリキュラム(教育課程)を編成しています。
<教養科目>
 技術者として社会に貢献することを目指して、広い視野とコミュニケーション能力を身につけるために、語学、健康・体力科学、情報処理などの基礎科目および人間学、人間探求学を配置する。
<工学部共通専門科目
 高校で学んだ数学や物理を体系的に学び直し、広範な工業に関する知識を習得することによって工学的思考の方法を学ぶために、工業に共通する基礎科目を配置する。

<機械システム工学科専門科目>

・導入科目:機械システム工学への入門として、身近な工業製品の分解・再組立などを通して「ものづくり」の基礎を体験するための導入科目を配置する。

・基礎科目:機械システムの数理的理解や表現能力を深く身につけるために、材料力学・熱力学、流体力学、機械力学、制御工学などの機械システム工学の基礎科目を配置する。

・実習科目:機械システムの製作のための基本的な加工技術の実習と機械製図の実習を通して「ものづくり」の感性を養うための実習科目を配置する。

・応用科目:機械の力学の応用を学ぶとともに、情報処理、メカトロニクス、生産工学など、機械の制御法、知能化・生産の方法について学ぶための応用科目を配置する。

・実験・演習科目:実験・演習を通して機械システムの設計、試作、機能評価を総合的に学ぶための実験演習科目を配置する。

<卒業研究>
 4年間の学びの締めくくりとして、機械システム工学としての問題の捉え方、課題の設定の仕方、問題解決へのアプローチの方法など実践的に体得し、「ものづくり」に必要な実力を養うために、卒業研究を実施する。

○ 機械システム工学科カリキュラムマップ ○ 機械システム工学科カリキュラムツリー

Ⅳ.ディプロマポリシー

 機械システム工学科は、卒業時点において学生が身につけるべき能力(教育研究上の目的)を下記のとおり定めます。これらの能力を獲得し、カリキュラムに規定する所定の単位を修得した上で、機械システム工学科の定める人材育成目標を達成した者に、学士(工学)の学位を授与します。
 

A.自然環境、社会、人間に関する理解、および技術の役割に関する理解

 A-1.自然環境、社会、人間について、地球的視点や地域の視点、さまざまな立場から多面的に理解し、幅広く深い教養を身につける。(興味・関心、態度)

 A-2.技術が、自然環境、社会、人間に及ぼす影響を理解して、技術者が負っている責任を自覚できる。(興味・関心、態度)

B.国際的にコミュニケーションできる基礎能力を身につける。(技能・技術)

C.数学、力学、電磁気学、化学、情報技術に関する基礎学力を修得し、これらを機械システム工学に応用できる能力を身につける。(知識・理解、技能・技術)

D.機械システム工学専門科目に関する能力

 D-1.機械システム工学の概要を学習し、機械システム工学の基礎を修得するとともに、機械システム工学全般を見渡せる能力を育成する。(知識・理解、思考・判断)

 D-2.機械システム工学の基礎である材料と構造、エネルギー、流れ、力と運動、応用である計測制御、生産技術に関する学力を身につける。(知識・理解)

 D-3.講義で学んだ知識を、実験・実習・演習を通してより具体的に機械システム工学を理解し、ものづくりに応用できる能力を身につける。(知識・理解、技能・技術)

E.社会が要求する実際的な課題を、種々の専門知識を活用して解決する実践的なデザイン能力を身につける。(興味・関心、技能・技術)

F.自分の意見を論理的に整理し相手にわかりやすく伝える力、相手の意見を聴き理解する力を身につける。(思考・判断、技能・技術、表現)

G.自らやるべきことを見つけて積極的に取り組む力、継続的に自己啓発と学習を続けていく力を身につける。(思考・判断、興味・関心、態度、意欲)

H.課題の解決への道筋を明らかにする力、目標に向け確実に行動する力を身につける。(思考・判断、態度)

PDF形式で掲載しておりますので、ご注意ください。 (最新版のAdobe Readerはこちら

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP