本文へ
HOME学部・大学院工学部・大学院工学部/機械システム工学科

機械システム工学科

機械システム工学科イメージ

※機械システム工学科のホームページはこちらです。

機械システム工学科の人材養成目的と3つの方針

○ 人材の養成に関する目的 ○ アドミッションポリシー ○ カリキュラムポリシー ○ ディプロマポリシー

学びのポイント

 時代の変化に対応できる広い視野と独創性をもち、学際的分野の研究や技術開発に能力を発揮できるよう、しっかりと基礎を身に付けて応用問題の解決に取り組む能力を養うことを目的として講義や演習、実験・実習の科目を学びます。1年次から実験や実習に取り組み講義の知識を実践的に活かす方法を学びます。2、3年次では創成的課題を取り入れた実験・演習により機械システムの設計・製作の実践力を養成します。4年次では1年を通して卒業研究に取り組み、機械技術者としての問題解決能力の養成に取り組みます。

 
  • point1
  • 講義で学んだことを実験・実習・演習を通して 「応用力のある実践的知識」につなげよう

  • point2
  • 自分の創意工夫を機械システムとして実現するための 「システム設計能力」を養おう

  • point3
  • 機械技術者としての「問題発見の楽しみ」と「問題解決の爽快感、充実感」を体感しよう

学びのステップ

4年間の学習フロー

1年次 2年次 3年次 4年次
前期 後期 前期 後期 前期 後期 前期 後期
語学、情報処理などの基礎科目や人間学、人間探求学を通して、広い視野とコミュニケーション能力を身につけます  
数学、物理学、化学など工学部共通の基礎科目を学びます        
  熱力学、流体力学、材料力学、機械力学、制御工学、生産工学を柱とする学科の基礎科目を学びます  
        より高度で専門的な科目を学び、卒業研究に取り組みます
機械システム工学を学ぶための準備として、数学や物理学の基礎を固めるとともに、機械システム工学の歴史や役割について学びます。また、身近な機械の分解・再組立を通して、機械の基礎を体験的に学習します。 機械システムに関する現象を数理的に理解し表現する能力を身につけるために、熱力学、流体力学、材料力学など機械の基礎力学を学びます。また、実習や演習を通して、ものづくりの基本である製図と製作の基礎を身につけます。 機械力学、制御工学、生産工学など を学び、これまでに学んだ知識とあわせて機械システム工学を体系的に 理解します。また、実験、演習では、自ら構想・設計した機械を実際に製作することで、ものづくりの実践力を養います。 6研究分野のうちのいずれかに所属して卒業研究に取り組み、機械技術 者・研究者としての問題の捉え方、課 題設定の仕方、問題解決へのアプ ローチの方法などを実践的に学びます。
機械システム工学概論、基礎力学、物理学実験、工業力学、機械製作、機械システム工学セミナー 機械製作実習、機械設計製図、機械設計演習 Ⅰ、機械材料学 機械システム工学験Ⅰ・Ⅱ、機械設計演習Ⅱ・Ⅲ、科学技術英語、技術者倫理 卒業研究

授業ピックアップ

機械システム工学セミナー

機械システム工学セミナー
身近な機械の分解・組立を通して機械の構成・動作を学びます。

物理学実験

物理学実験
鏡と望遠鏡を使った歴史的な方法で材料のヤング率を測定します。

機械製作実習

機械製作実習
工作機械を自分で動かして加工技術の基礎を習得します。

機械設計演習Ⅱ

機械設計演習Ⅱ
最新のCAD/CAE搭載のPC(1人1台)を活用して設計課題に取り組みます。

 
 
機械システム工学実験

機械システム工学実験

卒業研究発表会

卒業研究発表会

 
 

○ 研究分野別研究者一覧

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP