本文へ
HOME学部・大学院工学部・大学院工学部/電子システム工学科

電子システム工学科

電子システム工学科イメージ

※電子システム工学科のホームページはこちらです。

電子システム工学科の人材養成目的と3つの方針

○ 人材の養成に関する目的 ○ アドミッションポリシー ○ カリキュラムポリシー ○ ディプロマポリシー

学びのポイント

 現在の工業技術には全ての分野で電気・電子・情報工学の技術が関与しています。家電産業や時代の先端を行く情報通信産業、そして、今や自動車産業においても電気・電子・情報工学の技術が活用されています。このような時代の先端で活躍できるように、まず数学や情報などの基礎をしっかりと身につけ、さらに講義、演習、実験などの授業を通じて電気・電子・情報分野の問題解決に取り組む能力を養います。1年次は講義により基礎知識を身につけて実験・実習に実践的に活用する方法を学びます。2、3年次では電気・電子および情報に関する専門の基礎と応用を学び、実験・実習を通じて実践的な知識と技術を修得します。4年次では卒業研究に取り組み、先端技術者として活躍する能力を身につけます。電気主任技術者や電気通信主任技術者などの資格取得にもチャレンジできます。

 
  • point1
  • 講義、演習および実験・実習を通して、電気・電子・情報の基礎知識をしっかりと身につけよう

  • point2
  • 電気・電子・情報の専門技術を修得し、実践的な問題解決能力を養おう

  • point3
  • 先端技術者として社会で活躍する 技術と能力を修得しよう

学びのステップ

4年間の学習フロー

1年次 2年次 3年次 4年次
前期 後期 前期 後期 前期 後期 前期 後期
語学、情報処理などの基礎科目や人間学、人間探求学を通して、広い視野と基礎学力を身につけます  
数学や物理学、電子工学など、工学部の基礎科目を学びます      
  工業数学、電気電子回路、電子デバイス、情報通信を柱とする学科の基礎科目を学びます  
        広範な電気・電子・情報工学を学び、卒業研究に取り組みます
電気・電子・情報工学への入門、高校で学んだ数学や物理を基礎に工学的思考方法を学び専門科目を学ぶための基礎を身につけます。 電気・電子・情報の基礎科目の理解を深め、工業数学、電気回路、電磁気学、量子力学、情報理論などの専門の基礎を学びます。 専門科目の応用として、電力工学、電気電子計測、半導体、情報通信などの専門の知識をもとに、さらに実験・実習を通して総合的に学びます。 7つの研究分野に分属して卒業研究に取り組みます。卒業研究では、研究テーマに対し、問題の捉え方や問題解決能力を養います。
電子システム工学概論、電子システム工学セミナー、人間探求学 微積分続論、電子回路Ⅰ、物性デバイス基礎論、ディジタル信号処理、電子システム工学演習Ⅰ・Ⅱ 電磁波工学、電子デバイス、インターネット工学、電気電子計測Ⅰ・Ⅱ、電子システム工学験Ⅲ・Ⅳ パワーエレクトロニクス、ロボット工学、光エレクトロニクス、卒業研究

授業ピックアップ

電子システム工学セミナー

電子システム工学セミナー
電気・電子回路実験

電子システム工学実験Ⅱ

電子システム工学実験Ⅱ
サイリスターレオナード実験装置

電子システム工学演習Ⅰ

電子システム工学演習Ⅰ
アルゴリズムとデータ構造に関する演習

電子システム工学実験Ⅰ

電子システム工学実験Ⅰ
演算増幅回路実験

 
 
電子システム工学演習Ⅲ

電子システム工学演習Ⅲ
高電圧実験装置

電子システム工学演習Ⅲ

電子システム工学演習Ⅲ
電気CAD

 
 

○ 研究分野別研究者一覧

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP