本文へ
HOME学部・大学院環境科学部・大学院環境科学研究科/環境計画学専攻の人材養成目的と3つの方針

環境計画学専攻の人材養成目的と3つの方針

 

環境科学研究科環境計画学専攻における人材養成目的および入学者受け入れ方針(アドミッションポリシー)、 教育課程編成・実施方針(カリキュラムポリシー)、 学位授与方針(ティプロマポリシー)について

Ⅰ.人材養成目的

[博士前期課程]

 自然環境とのバランスのとれた持続的発展を可能にする地域社会の包括的デザインと、その実現のための方法論について教育研究を進め、高度な専門的知識と技術を有する研究者と職業人を養成する。
 環境意匠研究部門では、人間の生活空間と自然環境との密接な関係を多面的に解明するとともに、身近な空間(住居・建築・都市)を豊かに形成していくための実践的手法を中心に教育研究を行う。
 地域環境経営研究部門では、持続的な資源利用と地域経営、環境保全を可能にする地域社会のあり方を探るとともに、それを実現するための計画とその運用について教育研究を行う。

[博士後期課程]

 

 自然環境と調和した持続的発展を可能にする地域社会の包括的デザインと、その実現のための方法論について教育研究を進め、高度に専門的な業務に従事するに必要な研究能力を有する人材を養成する。
 環境意匠研究部門では、地域の生態系に根ざした住居・建築・都市のあり方をグローバルな視野において解明し、それを空間化する手法を体系化する環境意匠学の構築をめざす。
 地域環境経営研究部門では、地域の生態系に根ざした、持続的な社会の発展に資する環境政策学・環境計画学の構築をめざす。

 

Ⅱ.アドミッションポリシー

[博士前期課程]

 

 環境意匠研究部門では、自然環境と建築環境、さらに生活空間、都市空間、地域社会などの間の様々な関係について基本的に理解しているとともに、新しい建築・都市空間のあり方を自由に提案するための素養として基礎的な空間表現の技能を有するものを求める。
 地域環境経営研究部門では、環境問題に関する基礎的知識と研究の能力、および講義を理解するに足る日本語能力を有するものを求める。
[博士後期課程]
 環境意匠研究部門では、建築計画学、環境工学、建築構造学に関する専門的知識を持ち、環境共生建築、環境共生都市に関する研究を展開する能力を有するものを求める。作品、プロジェクトなどを提案する能力と実績があることが望ましい。
 地域環境経営研究部門では、環境システム、資源・環境経済、環境政策に関する専門的知識を持ち、環境問題に関する社会科学的・政策論的研究の能力と実績、および日本語または英語によるコミュニケーション能力を有するものを求める。

 

Ⅲ.カリキュラムポリシー

<環境意匠研究部門>

 環境計画学専攻環境意匠研究部門は、自然環境と調和し、持続可能な社会の実現に資することができる人材の養成に関する目的の達成のため、下記のような教育課程を編成しています。

[博士前期課程]

A.デザイン、歴史・理論、計画、エンジニアリングの科目および演習を配置し、これらの部門科目・演習および研究科共通科目や専攻共通科目および近江環人地域再生学座科目を総合的に修学する。

B.上記の科目および演習で習得した専門的・先端的な知見や技術をもとに、独創性・新規性をもつ修士論文もしくは修士設計としてまとめる。

[博士後期課程]

A.環境意匠に関する高度に専門的・先端的な知識と研究手法を修学する。

B.上記の知見をもって独創性・新規性をもつ学術研究をおこない、博士論文としてまとめる。

<地域環境経営研究部門>

 環境計画学専攻地域環境経営研究部門は、人材の養成に関する目的の達成のため、下記のような教育課程を編成します。

[博士前期課程]
 部門科目として、環境システム、資源・環境経済、環境政策に関する科目を配置している。これらの部門科目と、研究科共通科目や専攻共通科目および近江環人地域再生学座科目の体系的・選択的な学修により、人材の養成に関する目標を達成する。
[博士後期課程]
 環境科学および地域環境経営に関する先端的な課題や知見の講義や演習、研究方法に関する科目を配置する。これらの科目の体系的な学修により、人材の養成に関する目標を達成する。

Ⅳ.ディプロマポリシー

<環境意匠研究部門>

 環境計画学専攻環境意匠研究部門は、博士前期課程および博士後期課程の修了時点において学生が身につけるべき能力(教育研究上の目的)を下記の通り定めます。
 これらの能力を獲得し、カリキュラムに規定する所定の単位を修得した上で、環境計画学専攻・環境意匠研究部門の定める学位論文審査基準を充足する学位論文を提出した者には博士前期課程においては修士(環境科学)の学位、博士後期課程においては博士(環境科学)の学位を授与し、修士設計を提出した者に博士前期課程の修士(環境科学)の学位を授与します。
[博士前期課程]

A. 本専攻入学までに修得した専門知識を基に、環境科学に関わる高度な調査・実験・分析技術を身につける。(技能・技術)

B. 環境意匠の各専門分野における最先端の学識を習得し、学術的に有意な研究あるいは社会的に有用な環境建築デザインを行うことができる。(知識・理解)(思考・判断)(技能・技術)

C. 環境建築デザインに関する実務実習または演習を通じて建築デザイン、コミュニティデザイン、歴史理論、計画、環境設備、構造、施工、監理等の専門職能についての実践的な知識を身につける。(技能・技術)(興味・関心)

D. 明確な目的と独創性、新規性をもつ研究テーマについて適切な実験・調査データあるいは文献資料に基づいて、論理的に考察し妥当な結論を導くことができ、論文または設計としてまとめることができる。(思考・判断)(技能・技術)

[博士後期課程]

A. 環境意匠の各分野における先端的で高度な専門知識と調査・実験・分析技術を身につける。

B. 独創性、新規性をもつ学術研究をおこない、その成果を各専門分野において評価される論文としてまとめ、発表できる。

<地域環境経営研究部門>

 環境計画学専攻地域環境経営研究部門は、人材の養成の目的を達成するため、下記のとおり、修了時点において学生が身につけるべき能力を定めます。
 所定単位の修得と論文等の審査基準に基づく審査の合格により、その達成とみなし、前期課程においては修士学位、後期課程においては博士学位を授与します。
[博士前期課程]

A. 持続可能な地域環境をマネジメントできる専門知識を身につける。

B. 地域環境マネジメントに関する新規性のある学術研究を行い、論文としてまとめ、的確な発表・質疑ができる。

[博士後期課程]

A. 持続可能な地域環境をマネジメントできる高度な専門知識を身につける。

B. 地域環境マネジメントに関する新規性のある学術研究を行い、対外的に評価された成果を含めて論文としてまとめ、的確な発表・質疑ができる。

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP