本文へ

環境生態学科

point2

環境生態学科のホームページはこちら。

環境生態学科の人材養成目的と3つの方針

○ 人材の養成に関する目的 ○ アドミッションポリシー ○ カリキュラムポリシー ○ ディプロマポリシー

学びのポイント

 環境問題を解析し、それを解決するための能力を養うためには、幅広い知識と実践的な応用力が必要です。環境生態学科では、幅広い分野の教授陣が少人数制の先鋭的な授業を展開しています。多くの野外実習によって、学生は滋賀県の恵まれた自然環境から様々なことを学びとることができます。4年次では1年かけて卒業研究に取り組みます。こうして身についた環境調査への即戦力としての実力は就職・進学に生かされ、これまでに民間企業はもとより、公務員、環境コンサルタント、NPOなど様々な分野に多くの卒業生を輩出しています。

 
  • point1
  • 豊富な野外実習による実践的教育の充実

    環境生態学科では、野外調査を行うための様々なノウハウを豊富な野外実習・実験を通して学び取ることができます。

  • point2
  • 分析技術の習得

    化学分析、生物種の同定、地形の読み取りなど自然環境を知るために欠かせない様々な測定・分析技術を学びます。

  • point3
  • 自然科学の様々な分野に関する知識を習得

    化学や物理学といった特定の学問領域に縛られることなく自然科学の全ての分野について学ぶことができます。

学びのステップ

4年間の学習フロー

1年次 2年次 3年次 4年次
前期 後期 前期 後期 前期 後期 前期 後期
語学や数学、物理学など基礎科目と人間学で幅広い知識を養う
環境科学の基礎を学ぶ 環境科学の実践的方法論を習得する 卒業研究で4年間の集大成
基礎科目に加えて、環境フィールドワーク(FW)Ⅰや環境科学概論で環境問題の発見と解決のための基礎を学びます。また、環境生態学基礎演習では環境生態学科で実際に行われている研究を題材にグループ実習を行います。 環境FWⅡでは、より専門的に環境問題を考えます。そして、それを解析するために様々な専門科目を学びます。
陸域環境保全コースと水域環境保全コースに分かれてコアとなる科目を体系的に学びます。
環境生態学特別実習は、卒業研究の準備段階です。卒業研究を始める人もいます。
これまでに育んだ問題意識に立って、各自で研究テーマを設定し、卒業研究を行います。
●専門科目の例
FWⅠ、環境科学概論Ⅰ・Ⅱ、琵琶湖環境学、環境変遷史、環境生態学基礎演習
●専門科目の例
FWⅡ、森林環境学、河川環境学、海洋環境学、湖沼環境学、大気環境学、陸域環境機能論、水域物質循環論、環境解析学・同実験、水域環境学・同実験、集水域環境学・同実験、陸域環境学・同実験、陸域環境影響調査指針、水域環境影響調査指針
●専門科目の例
水域生態系保全修復論、環境生態学特別実習、水域環境機能論、陸域物質循環論
専門科目

授業ピックアップ

水域環境学・同実験

水域環境学・同実験
琵琶湖でプランクトンを採集しているところ

集水域環境学・同実験

集水域環境学・同実験
長浜市余呉町栃ノ木峠での積雪調査

陸域環境学・同実験

陸域環境学・同実験
伊吹山の植物とシカによる食害の観察

環境学野外実習Ⅱ(余呉の焼畑調査)

環境学野外実習
余呉の焼畑に参加し植生と環境の変化を調べる

 
 
環境学野外実習

環境学野外実習
屋久島宮之浦岳における植生観察

環境地球科学実験

環境地球科学実験
古琵琶湖層の地層の観察

 
 

○ 研究分野別研究者一覧

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP