本文へ

生物資源管理学科

イメージ

※生物資源管理学科のホームページはこちらです。

生物資源管理学科の人材養成目的と3つの方針

○ 人材の養成に関する目的 ○ アドミッションポリシー ○ カリキュラムポリシー ○ ディプロマポリシー

学びのポイント

 21世紀は環境の世紀といわれます。大量生産、大量消費、大量廃棄という従来の生産と生活スタイルを続ければ環境負荷の増大は避けられず、エネルギー資源の枯渇だけでなく二酸化炭素をはじめとする排ガス、排水、廃棄物の大量発生による環境悪化など環境問題の深刻化を招くことは必至です。73億人を超える地球人口を支えるための食糧の確保にも環境への影響増大が懸念されます。すなわち、エネルギーをはじめとする資源と食糧をどう確保、調達するのか、その過程で生じる環境影響をいかに軽減させるかが問われる時代です。
 このような時代背景が生物資源に対する熱い期待を生んでいます。生物資源生産は従来、農業を主とする食糧生産と同義でしたが、現代はバイオマスのようなエネルギーや有用素材の生産を含み、また植物による生物生産の特徴である炭素固定は地球温暖化対策にも有効です。食糧問題だけでなく地球環境問題、エネルギー問題の解決に生物資源の活用が期待される時代がやってきたのです。
 生物資源の生産を最適な条件で行い、環境への影響を最少化するには、その生産の場である土と水をめぐる環境、生物資源そのものである植物(作物)、動物、微生物を熟知し、適切に生産・管理する技術とシステムが必要です。最先端の生物制御技術(バイオテクノロジー)も必要になります。生物資源管理学科はこのような21世紀の課題に応える知識と知恵を備えた人材の育成をめざす学科です。

 
  • point1
  • 基本概念の習得

    環境科学概論、生物資源管理学概論、環境FWⅠ~Ⅲにより、環境問題を総合的に把握できる能力を養います。

  • point2
  • 履修モデルコースによる系統的な学習

    生物機能利用コース、環境農学コースの2つの履修コースにより、興味のある専門分野を系統的に学びます。

  • point3
  • 実践的な分析技術の習得

    遺伝子工学実験、動物資源管理実験、土壌・水質分析実験など10の実験・実習コースにより、即戦力としての実力を育成します。

学びのステップ

4年間の学習フロー

1年次 2年次 3年次 4年次
前期 後期 前期 後期 前期 後期 前期 後期
基盤教育          
語学、情報、人間学、体育などの環境を学ぶ上で必要な基礎科学を身につけ、フィールドワークや環境科学概論、生物資源管理学概論などにより環境問題の基本概念を学びます。          
    基礎教育      
    環境問題の理解に必要な生物、物理、化学、地学、経済学から、専門基礎である遺伝、微生物、作物、土壌、水質、水資源、農業経済に関する授業を選択します。また実践技術を習得するため、遺伝子工学、微生物・菌類、動物資源管理、土壌・水質、測量など10の実験・実習が開設され、フィールドワークで興味のある研究テーマに取り組みます。      
      応用・展開的教育 総合的教育
      志望に応じ、2つの履修モデルコースに従った授業の選択が推奨されます。専門的な学問知識を習得し、環境問題を解決するプロを目指します。 担当教員の指導の下、研究テーマの設定から調査、実験、分析まで全て自分で進め、卒業論文にまとめます。

授業風景

生物資源管理学実験・実習Ⅴ

生物資源管理学実験・実習Ⅴ
魚のRNAを抽出しているところ

生物資源管理学実験・実習Ⅹ

生物資源管理学実験・実習Ⅹ
トータルステーションで2点間の向き・距離を測量しているところ

生物資源管理学実験・実習Ⅷ

生物資源管理学実験・実習Ⅷ
土壌がどれだけ養分を含んでいるか分析しているところ

生物資源管理学実験・実習Ⅸ

生物資源管理学実験・実習Ⅸ
現地の土壌を調査し実験試料を採取する方法を学んでいるところ

 
 
生物資源管理学実験・実習Ⅳ

生物資源管理学実験・実習Ⅳ
無菌室でカビと細菌の培養状態を観察しているところ

生物資源管理学実験・実習XI

生物資源管理学実験・実習XI
学食利用者アンケートを作っているところ

 
 

○ 研究分野別研究者一覧

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP