本文へ
HOME学部・大学院人間文化学部・大学院人間文化学研究科/生活文化学専攻の人材養成目的と3つの方針

生活文化学専攻の人材養成目的と3つの方針

人間文化学研究科生活文化学専攻における人材養成目的および入学者受け入れ方針(アドミッションポリシー)、 教育課程編成・実施方針(カリキュラムポリシー)、 学位授与方針(ティプロマポリシー)について

Ⅰ.人材養成目的

[博士前期課程]
 生活科学と人間科学の立場から、人間のライフスタイル全般を通した生活と社会の関わりを、生活デザイン、健康と栄養、人間関係の視点から根底的に見直し、真に充足した健康で快適な生活文化と生活環境を生み出すための教育研究を展開する。
 生活デザイン部門では、住環境をはじめとして生活環境のなかでのデザインを扱い、健全なライフスタイルと生活環境をデザインすることを目的とし、実践的な教育研究を展開する。
 健康栄養部門では、栄養に関する基礎から応用までの健康・栄養科学に運動生理領域を加え、幅広い有機的な研究を行う。栄養に関する生活の知恵や文化を科学的にとらえることなど実践的な諸問題に取り組み、健康生活の実現を目的とした教育研究を行う。
 人間関係部門では、望ましい生活環境を創造することができる、新たな人間関係を創出することを目的に、人間の発達・形成、「社会化」のメカニズム、および現代社会における人間関係の特性を、心理学・教育学・社会学等の立場から教育研究する。
[博士後期課程]
 生活科学と人間科学の立場からライフスタイルと人間関係の問題を対象とする高度な教育研究を行う。すなわち、人間のライフスタイルの全体を通して、生活と社会の関わりを、生活デザイン、健康と栄養、人間関係の諸領域にわたって綿密に再検討し、真に充足された健康で快適な生活文化と生活環境を見いだすための教育研究を行う。
 生活デザイン論研究部門では、住環境をはじめ生活環境全般にわたって、健全なライフスタイルと生活環境をデザインすることを目的とする教育研究を、学際的な立場から展開し、新しい生活デザインの構築に努める。
 健康栄養論研究部門では、健康と栄養に関する基礎から応用までの栄養科学にかかわる諸問題に関して、幅広い視点から理論的・実証的な研究を行う。健康と栄養に関する生活上の知恵や慣習を科学的にとらえるなど、総合的視点から問題に取り組み、健康生活の実現を目指す教育研究を行う。
 人間関係論研究部門では、社会的に望まれる生活環境の中での人間関係の構造的・機能的特性を解明するために、人間の発達と形成、言語やコミュニケーションのメカニズム、人間行動の機構、現代社会の人間関係や比較文化などに関し、教育学、心理学、社会学、コミュニケーション論などの立場から学際的に追求する教育研究を行う。

Ⅱ.アドミッションポリシー

[博士前期課程]
 生活科学、人間科学の立場からライフスタイルと人間関係の問題を対象とする高度な教育研究を行う。すなわち、人間のライフサイクル全体を通して、生活と社会との関わりを、生活デザイン、健康と栄養、人間関係の諸領域にわたって綿密に再検討し、真に充足された健康で快適な生活文化と生活環境を見いだすための教育研究を行う。このために、生活デザイン論、健康栄養論、人間関係論の3研究部門それぞれにおいて、必要とされる当該分野の基礎知識、思考力、語学力および研究資質を有する学生を求める。
 生活デザイン部門は、生活の中でのデザインを探究し、健全なライフスタイルと生活環境をデザインすることを目的とした実践的な教育研究を展開する。このために、デザインに関する基礎知識と思考力および英語読解力(留学生の場合は日本語能力)を持ち、生活デザインに関 する研究資質を有する学生を求める。
 健康栄養部門は、食に関する基礎から応用までの生活科学に運動生理学領域をも加え、幅広く有機的な研究を行っている。食生活に関する知恵や文化を科学的に捉えるとともに健康の維持・増進などの実践的な諸問題にも取り組み、健康な生活の実現を目的とした教育研究を行っている。このことから、当該分野に関する基礎知識および思考力並びに英語読解力(留学生の場合は日本語能力)を持ち、食生活を通した健康に関する栄養学および運動生理学を探究しようとする学生を求める。
 人間関係部門は、望ましい生活環境を創造することができる、新たな人間関係を創出することを目的に、人間の発達・形成、「社会化」のメカニズム、および現代社会における人間関係の特性を、心理学、社会学、教育学等の立場から教育研究する。このために、当該分野に関する基礎知識と思考力および英語読解力(留学生の場合は日本語能力)、研究資質を有する学生を求める。
[博士後期課程]
 生活科学、人間科学の立場からライフスタイルと人間関係の問題を対象とする高度な教育研究を行う。すなわち、人間のライフサイクル全体を通して、生活と社会との関わりを、生活デザイン、健康と栄養、人間関係の諸領域にわたって綿密に再検討し、真に充足された健康で快適な生活文化と生活環境を見いだすための教育研究を行う。このために、生活デザイン論、健康栄養論、人間関係論の3研究部門それぞれにおいて、必要とされる当該分野の基礎知識、思考力、語学力および研究資質を有する学生を求める。
 生活デザイン論研究部門は、生活環境とその形成について学際的な立場から探究し、新たな生活デザイン論の構築をめざす教育研究を展開する。このために、デザインの少なくとも一領域に関する専門的知識を持ち、研究の能力と実績を有する学生を求める。
 健康栄養部門は、人が健康で豊かな生活を営むために、食品機能や生体における栄養素の代謝や生体利用、運動生理の仕組みを探求し、疾病の予防や治療、健康の維持・増進を目的とした実践的な教育研究を展開している。このことから、健康・栄養に関する十分な知識、実践の科学としての応用力と思考力並びに英語読解力(留学生の場合は日本語能力)を持ち、食生活を通した健康に関する栄養学および運動生理学を探究しようとする学生を求める。
 人間関係論研究部門は、社会的に望まれる生活環境の中での人間関係の構造的・機能的特性を解明するために、人間の発達と形成、言語やコミュニケーションのメカニズム、人間行動の機構現代社会の人間関係や比較文化などに関し、心理学、社会学、教育学、コミュニケーション論などの立場から学際的に追究する教育研究を行う。このために、当該分野に関する専門的知識と研究資質を有する学生を求める。

Ⅲ.カリキュラムポリシー

生活デザイン部門

[博士前期課程]
 道具デザイン特論、服飾デザイン特論、住環境デザイン特論などの科目を配置する。またセミナー形式での報告・討論などで研究の進展を確認していく観点から、生活文化学特別演習、生活文化学特別研究等の科目を配置する。
[博士後期課程]
 研究者として必要な研究方法や理論的知識の取得、学位論文の執筆等の観点から、生活デザイン論特別演習、生活デザイン論特別研究、研究方法特論などの科目を配置する。

健康栄養部門

[博士前期課程]
 学士課程で得た栄養学の知識と技術を基盤とした上で、次世代の栄養学分野の課題を講義し、解決できる知識・技術を習得するための科目を配置する。
[博士後期課程]
 栄養学の指導者に必要となる知識・研究方法を与える。強い責任感、高い倫理感を養成するための教育を行う。また、常に新しい研究成果と意義を議論できる能力を習得させる。

人間関係部門

[博士前期課程]
 心理学、教育学、社会学など人間関係論にかかわる各分野の知見を専門的かつ学際的に学ぶ科目を配置する。人間の心や社会の諸問題に積極的にかかわるための方法論を習得し、課題解決に資する共同討議ための生活文化学特別演習、生活文化学特別研究、研究方法特論などの科目を配置する。
[博士後期課程]
 人間らしい心の発達と生きがいの感じられる生活や社会システムの構築において、リーダーシップを発揮する市民、研究者に必要な、学際的な知見や研究方法を習得するために、人間関係論特別演習、人間関係論特別研究、研究方法特論などの科目を配置する。

Ⅳ.ディプロマポリシー

 生活文化学専攻各部門は、人材養成の目的を達成するため、下記の通り、修了時点において学生が身につけるべき能力を定めます。
 各課程において、所定単位の修得と学位論文等の審査基準に基づく審査の合格により、その達成とみなし、前期課程においては修士学位、後期課程においては博士学位を授与します。

生活デザイン部門

[博士前期課程]

A.生活に関わるデザインについて広範な知識を身につけ、適切なデザインを実現する方法について理解することができる。(知識・理解)

B.生活に関わるデザインのあり方に広い関心を持ち、自ら学んだことを基に課題を設定し、それを解決しようとする姿勢を持つ。(興味・関心)

C.明確な目的をもつ研究テーマについて適切な方法で研究し、論文または制作物にとしてまとめることができる。(思考・判断)(技能・技術)

[博士後期課程]

A.生活に関わるデザインについて広範な知識を身につけ、適切なデザインを実現する方法について理解することができる。(知識・理解)

B.生活に関わるデザインのあり方に広い関心を持ち、自ら学んだ事を基に課題を設定し、それを解決しようとする姿勢を持つ。(興味・関心)

C.独創性・新規性のある学術研究をおこない、その成果を各専門分野において評価される論文としてまとめ、対外的に発表できる。(思考・判断)(技能・技術)

健康栄養部門

[博士前期課程]

A.栄養学とは人が食べた後の食べ物の運命を扱う生物物理化学であることが理解できる。(知識・理解)(興味・関心)

B.栄養学の知識と技術を,健康の維持に活用できる。(知識・理解)(技能・技術)

C.必要な実験方法を自ら入手できる能力を身につけることができる。(思考・判断)(技能・技術)

D.自らが行った研究成果を説明できるプレゼンテーションと研究者間とのコニュニケーションができる。(思考・判断)(技能・技術)

[博士後期課程]

A.栄養学の未知の領域を拓くための深い学識と高度な実験技術と分析能力を身につけている。(知識・理解)(技能・技術)

B.自ら研究計画を立てることができ、その計画を遂行できる。(思考・判断)(技能・技術)

C.自らの成果を世界に向けて発信できる。(知識・理解)(思考・判断)(技能・技術)

人間関係部門

[博士前期課程]

A.人間関係論にかかわる心理学・教育学・社会学を中心とする専門的な知識を自ら探求し、身につけることができる。(知識・理解)(興味・関心)

B.人間関係論に隣接する諸分野に積極的な興味と関心を持ち、人間にかかわる幅広い考究の一地点に自らのテーマを位置づけることができる。(興味・関心)(思考・判断)

C.人間関係論を拓くための定量的/質的に分析するための技法を自ら探求し、身につけることができる。(思考・判断)(技能・技術)

D.人間関係論の多様なあり方を議論することができ、それを口頭や文章で表現することができる。(思考・判断)(技能・技術)

[博士後期課程]

A.人間関係論にかかわる研究成果を学び、それらを評価するための総合的思考力と批判的判断力を身につけている。(知識・理解)(思考・判断)

B.人間関係論の新たな地平を拓くための深い学識と高度な調査・実験能力および分析能力を身につけている。(知識・理解)(技能・技術)

C.自らの研究成果を幅広く、多様な人々と交流するためのコミュニケーション、プレゼンテーションや論文執筆の能力を身につけている。(思考・判断)(技能・技術)

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP