本文へ
HOME学部・大学院人間文化学部・大学院人間文化学研究科/地域文化学専攻の人材養成目的と3つの方針

地域文化学専攻の人材養成目的と3つの方針

 

人間文化学研究科地域文化学専攻における人材養成目的および入学者受け入れ方針(アドミッションポリシー)、 教育課程編成・実施方針(カリキュラムポリシー)、 学位授与方針(ティプロマポリシー)について

Ⅰ.人材養成目的

[博士前期課程]
 新しい時代に適合する地域社会はいかにあるべきかを考える教育研究を展開する。グローバリゼーションが進む一方で、逆に地方主義の必要が説かれている。こうした難しい状況のなかで地域社会はどうあるべきかを考えることが本専攻の目標である。
 日本・歴史文化論部門では、歴史学・考古学・美術史学などを基盤とし、近江や日本とその隣接地域の地域社会の構造や文化についての教育・研究を行うことができる人材を養成することを目的とする。
 日本・現代地域論部門では、社会学・地理学・民俗学・文化人類学・地域計画論などを基盤とし、近江や日本とその隣接地域の地域社会の構造や社会意識についての教育・研究を行うことができる人材、またそうした学術的知見を踏まえて地域活性化をはかるための方策を提案・実践できる人材を養成することを目的とする
 国際文化論部門では、文化人類学・近現代史・思想史・文学・言語学などの学問分野を基盤とし、欧米、アジア地域の文化や言語を対象とした研究を進め、世界に向けて情報発信できる人材育成を目的とする。
[博士後期課程]
 新しい時代に適合する地域社会はいかにあるべきかを考える高度な教育研究を行う。グローバリゼーションが進む一方で、逆に地方主義の必要が説かれている。こうした難しい状況のなかで地域社会のこれまでのあり方とこれからどうあるべきかを考えることが本専攻の目標である。
 日本・地域文化研究部門では、近江を中心に捉えながら日本の文化や社会についての教育研究を行う。琵琶湖を擁し文化の通路としての普遍性と地域の独自性を兼ね備えている近江の解明を中心に据える。
 アジア・地域文化論部門では、上記の近江と日本の特質をアジア的な規模で解明することを目的としている。中国、朝鮮(韓半島)、モンゴルなどの近隣諸地域を主たる比較の対象とする。
 考現学・保存修景部門では、考現学的考察、地域展開論的手法を通じて地域の歴史的環境と文化・社会との関係を明らかにする。また、その保存と地域展開の方法を探る教育研究を行う。

Ⅱ.アドミッションポリシー

[博士前期課程]
 グローバリゼーションに適合する地域社会のあり方を見据えて、「地域」の歴史・文化・社会を考察する。
 そのための方法論として、歴史学、考古学、民俗学、社会学、文化人類学、考現学、保存修景学、地理学、地域計画論、思想史、文学、言語学などが援用される。したがってそれらの学問分野に関する基本的な知識をもち、関連する文献を読みこなすことができ、また史料読解、発掘、測量、社会調査、語学力など各学問分野に必要とされる基本的技術を身につけた学生を求める。
 特に「人間」そのものを対象とする分野である以上、他者の立場を尊重し、敬意をもって接することのできる学生を望む。
[博士後期課程]
 それまでの大学、大学院における研究を踏まえた上で、さらに研鑽し、博士論文として結実させる能力、識見を有した学生を求める。

Ⅲ.カリキュラムポリシー

 地域文化学専攻は、人材の養成に関する目的の達成のため、下記のような教育課程を編成します。
[博士前期課程]
 日本生活文化論、環琵琶湖地域論、日本考古学、美術史特論、社会学特論、朝鮮史特論、モンゴル・ディアスボラ論、現代中国論、地域文化遺産・情報論などの科目を配置している。また、セミナー形式での報告・討論などで研究の進展を確認していく観点から地域文化学特別演習、地域文化学特別研究などの科目を配置している。これらの科目の体系的な学修により、人材の養成に関する目標を達成する。
[博士後期課程]
 研究者として必要な研究方法や理論的知識の取得、学位論文の執筆などの観点から、日本・地域文化論特別演習、日本・地域文化論特別研究、研究方法特論などの科目を配置している。これらの科目の体系的な学修により、人材の養成に関する目標を達成する。

Ⅳ.ディプロマポリシー

 地域文化学専攻は、人材の養成を目的を達成するため、下記の通り、修了時点において学生が身につけるべき能力を定めます。
 各課程において、所定単位の修得と論文等の審査基準に基づく審査の合格により、その達成とみなし、前期課程においては修士学位、後期課程においては博士学位を授与します。
[博士前期課程]

A.日本とアジア、欧米の歴史、そして現在の文化について広範な知識を身につけることができ、地域の歴史・文化を理解することができる。(知識・理解)

B.日本とアジア、欧米における多様な地域文化に関心をもち、博士課程前期で学んだことを基に課題を設定し、それを解決しようとする姿勢を持つ。(思考・判断)

C.日本やアジア、欧米を中心とする現地調査を通じて、各々の地域社会や地域文化の研究を進め、自らの見解を形成できる。(興味・関心)

[博士後期課程]

A.日本とアジアの歴史、そして現在の文化について幅広い知識を身につけることができ、地域の歴史・文化を深く理解することができる。(知識・理解)

B.日本とアジアにおける多様な地域文化に関心をもち、博士課程後期で学んだことを基に日本やアジアを対象とする広範な課題を設定し、それを解決しようとする姿勢を持つ。(思考・判断)

C.日本やアジアを中心とする現地調査を通じて、各々の地域社会や地域文化に関する研究を深め、自らの見解を形成し発表できる。(興味・関心)

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP