本文へ

博士前期課程

人間文化学研究科(博士前期課程)の人材養成目的と3つの方針

○ 地域文化学専攻
・人材の養成に関する目的・アドミッションポリシー・カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー
○ 生活文化学専攻
・人材の養成に関する目的・アドミッションポリシー・カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー

 

研究科の構成

 現代社会では、科学技術の高度な発達によって物質的豊かさは満たされてきたが、反面、精神的豊かさは失われつつある。また、物質的豊かさが必ずしも健康で安全な生活を保障するとは言いがたい。 
 そこで豊かな地域社会とはなにか、真に人間的な生活文化とはなにかが問われている。この問いかけに応えるために、人間文化学研究科では、人文・社会科学と自然科学の双方より多面的に研究し、それらを総合する人材を育成し、より高度な学術研究の推進をめざして、本研究科に地域文化学専攻と生活文化学専攻の2専攻を設置した。 

 

地域文化学専攻

本専攻においては、新しい時代に適応する地域社会はいかにあるべきかを、歴史的・文化的・考現学的観点から追求する教育研究を展開する。
日本・地域文化論部門、アジア・地域文化論部門、考現学・保存修景論部門に分け、そのいずれも対象とする地域からグローバルな視野に立つ研究方向を目指し、また地域の生活空間を特徴づける地域の「文化財」を再評価し、各地域・各時代における社会論・文化論をはじめとして、女性史・芸能史・周縁社会論・比較遊牧論・考現学・保存修景などの新しい視座も設定して、総合的で有機的な問題把握による教育研究を行う。
日本・地域文化論部門は環琵琶湖文化論など、近江や日本を基盤として社会文化を考察する。アジア・地域文化論部門は、アジア地域に広がるそれぞれ独自の文化を比較し、日本文化との異同性・関連性について教育研究する。両部門とも欧米を視野に入れ、欧米文化との比較の中で人間の地域文化を考察していく。
考現学・保存修景論部門は地域社会の現状を観察・記録・点検し、その考現学的考察を通じて、地域の生活分野を特色づけている歴史的環境や地域の「文化財」を再評価し、生活空間の活性化をはかるために、その保存と活用の方法を探る教育研究を行う。

生活文化学専攻

本専攻においては、生活科学と人間科学の立場からライフスタイルを取り扱う。人間の ライフサイクル全般を通した生活と社会との関わりを、生活デザイン、食と健康、人間関 係の視点から根底的に見直し、真に充足した健康で快適な生活文化と生活環境とを生み出すための教育研究を展開する。このため、生活デザイン部門、健康栄養部門、人間関係部門を置く。

 生活デザイン部門は、住環境をはじめとして生活環境のなかでのデザインを扱い、健全なライフスタイルと生活環境をデザインすることを目的とし、実践的な教育研究を展開する。  健康栄養部門は、食に関する基礎から応用までの生活科学に運動生理領域をも加え、幅広い有機的な研究を行う。食に関する生活の知恵や文化を科学的に捉えることなど実践的な諸問題に取り組み、健康生活の実現を目的とした教育研究を行う。

 人間関係部門は、望ましい生活環境を創造することができる、新たな人間関係を創出することを目的に、人間の発達・形成、「社会化」のメカニズム、および現代社会における人間関係の特性を、心理学・教育学・社会学等の立場から教育研究する。

 

教育研究の特色

1.本研究科は、それぞれの専門分野の研究と同時に、「地域に根ざした視点」を共有し、専攻間の教育研究にわたる学際的連携を進めるとともに学内外の共同研究プロジェクトに参加し、総合的な研究を展開する。 また、環琵琶湖からアジアに広がる地域学を学内外の共同で学際的に行う制度について検討を行う。

2.学際性と独創性を高めるために、学生は他研究科教員を含む教員、客員教員、協力関係にある研究機関のスタッフなどを副指導教員とすることができる。その学際的研究が可能な体制について検討を行う。ただし、最終的指導責任は学生の所属する専攻の主指導教員が負う。

3.大学院教育に広がりを持たせ、その多様な知的刺激により、学生が創造性を高めるのに有効である外国人留学生の受入れ、外国を含む他大学院との連携を進める。

4.企業や公共団体をはじめ、多方面の第一線で活躍する社会人のリフレッシュ教育を推進する。このため、社会人特別選抜制度を導入する。

 

○ 履修モデル

PDF形式で掲載しておりますので、ご注意ください。 (最新版のAdobe Readerはこちら

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP