本文へ
HOMEイベント情報一覧/人間文化シンポジウムを開催します(12/21)

人間文化シンポジウムを開催します(12/21)

2015/12/15

 

 滋賀県立大学人間文化シンポジウムを下記の通り行います。
 是非お越しください。

●演題:

『近江の渡来人を考える』

●日時 :

平成27年12月21日(月) 13時10分~18時00分

●場所 :

滋賀県立大学 A4-105講義室

●対象 :

学生・教職員および一般(参加無料、予約不要)

【シンポジウム内容】

 渡来人とは、およそ「倭国」が形成された1、2世紀より以後に、日本列島以外の地域、おもに朝鮮半島から渡来してきた人々を指しています。律令国家成立以後には帰化人ともよばれます。渡来人は、日本文化の形成に大きく寄与しており、日本の歴史を考える上でも重要な研究課題となっています。近江はそのような渡来人が多く住んでいた地域でした。大津の志賀漢人、愛荘の秦氏、また百済滅亡後の蒲生への百済貴族など。このような近江の渡来人については、これまでにも多くの研究が進められてきましたが、改めて整理をする段階にきたと考えます。幸いに本学には、そうした問題と関わる研究者も、また大学院留学生もいますので、総合的に考える機会を作りたいと考えました。韓国から2人のこの問題に関わる研究者を招請し、彼らを含めたシンポジウムを開きたいと思います。ぜひ参加いただいて最新の知見を得、また問題を共有していただくようにお願いいたします。

講演(13:15~17:15)

1.「文献からみた近江渡来人の概要」

  田中俊明(滋賀県立大学教授)

2.「加耶・新羅考古学からみた渡来人」

  朴天秀(韓国・慶北大学校教授)

3.「百済考古学からみた渡来人」(韓国語・通訳有り)

  權五榮(韓国・ソウル大学校教授)

4.「渡来系文物から見た近江の渡来人・渡来文化」

  定森秀夫(滋賀県立大学教授)

5.「大津北郊地域渡来人の定着過程」

  張聖埈(滋賀県立大学大学院博士後期課程)

6.「百済滅亡以後の百済系渡来人の動向」

  崔恩永(滋賀県立大学大学院博士後期課程満期退学)

パネルディスカッション(17:20~18:00)

●問い合わせ先:

〒522-8533 彦根市八坂町2500番地
滋賀県立大学 人間文化学部
TEL 0749-28-8401 FAX 0749-28-8479

主催 滋賀県立大学人間文化学部

人間文化学部シンポジウムチラシ

 

PDF形式で掲載しておりますので、ご注意ください。 (最新版のAdobe Readerはこちら

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP