本文へ
HOMEイベント情報一覧/滋賀県立大学人間文化セミナーを開催します(4/18)

滋賀県立大学人間文化セミナーを開催します(4/18)

2014/04/15

 

 滋賀県立大学人間文化セミナーを下記の通り行います。
 是非お越しください。

●演 題:

『元朝秘史は、いつ、どこで、どのようにして、書かれたのか?
クレル・グ信仰とモンケ・カーンの土着主義復興運動』

●講 師:

クリストファー・アトウッド 氏 (インディアナ大学准教授)

●日 時 :

平成26年4月18日(金) 10時40分~12時10分

●場 所 :

滋賀県立大学 A1-112中講義室

●対 象 :

学生・教職員および一般(参加無料)

【講師紹介】
 ハーバード大学卒業。Ph. D(インディアナ大学)。歴史学専攻。現在、アメリカ・インディアナ大学准教授。著書・論文多数。アトウッド教授はアメリカを代表するモンゴル研究者です。彼の研究分野は、モンゴル帝国史から現代モンゴル社会論、中モ関係史、モンゴル高原における知の歴史や社会史など多岐にわたります。今回の講義は英語で行われます。(日本語での概要説明あり)

【講義概要(Abstract)】
 The Secret History of the Mongols is well-known as the first and perhaps greatest work of Mongolian history and literature. Combining prose, poetry, and brilliant psychological insight, it provides an unexpectedly intimate look at Chinggis Khan and his son Ögedei. But where did this work come from? When and why was it written? In the lecture, professor Christopher Atwood will present the results of his research, using tools of source-critical analysis developed in classical and Biblical studies to analyze the composition of the Secret History and other works written around the same time. As he will argue, the history was primarily composed in 1252, as part of Möngke Qa’an’s institution of yearly sacrifices at Kürel-Gü Mountain, and the bestowal of hereditary titles on Chinggis Khan and his sons Ögedei and Tolui. It thus was born out of internecine conflict between branches of the Mongol family and Möngke’s own nativist revival, a birth evident throughout the work.

●問い合わせ先:

〒522-8533 彦根市八坂町2500番地
滋賀県立大学 人間文化学部
TEL 0749-28-8401 FAX 0749-28-8479

主催 滋賀県立大学人間文化学部

 

人間文化学セミナーチラシ

 

PDF形式で掲載しておりますので、ご注意ください。 (最新版のAdobe Readerはこちら

滋賀県立大学

〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 TEL 0749-28-8200 FAX 0749-28-8470 

BACK
TOP